パニツムマブは前治療歴を有する結腸直腸癌患者の転帰を改善する

キャンサーコンサルタンツ
2010年1月

国際ランダム化試験の研究者らは、KRAS野生型の結腸直腸癌患者に対する二次治療として、Vectibix(パニツムマブ)をFOLFIRI(5-フルオロウラシル、Camptosar[イリノテカン]、ロイコボリン)療法へ上乗せすることにより、無増悪生存期間(PFS)が延長することを報告した。この結果は、2010年度米国臨床腫瘍学会消化器癌シンポジウム(ASCO Gastrointestinal Cancers Symposium)で発表された。

Vectibixは、癌細胞表面の特定の標的に結合する新しい標的治療薬である。Vectibixは、癌の増殖や転移に関与する生物学的経路である上皮成長因子受容体(EGFR)を標的にしている。Vectibixは、転移性結腸直腸癌患者の二次治療として米国食品医薬品局(FDA)により承認されている。Vectibixは、KRAS野生型を発現し、KRAS変異型を有しない癌患者に対してのみ有用であると考えられる。それらの患者は、転移性結腸直腸癌の約40〜50%にみられる。KRASの変異状態は、腫瘍組織の標本を検査することによって識別できる。

転移性結腸直腸癌の二次治療におけるVectibixの有効性を評価するために、研究者らは、1,186人の患者を対象とした第3相臨床試験を実施した。試験に参加した患者は、FOLFIRI単独治療群とFOLFIRI+Vectibix併用治療群に割り付けられた。

  • KRAS変異を有しない患者では、Vectibixを上乗せすることにより無増悪生存期間が改善した。無増悪生存期間は、化学療法単独治療群の患者で3.9カ月であるの対し、化学療法とVectibix併用治療群の患者では5.9カ月であった。Vectibixを上乗せすることにより、全生存期間の有意な改善はみられなかった。
  • KRAS変異を有する患者では、Vectibixを上乗せすることにより無増悪生存期間または全生存期間の改善はみられなかった。
  • Vectibixの副作用として、皮膚発疹、低マグネシウム血症、下痢が挙げられる。

コメント:これらの結果から、二次化学療法に標的治療薬Vectibixを上乗せすることによって、転移性結腸大腸癌患者の無増悪生存期間を改善することが確認された。その有用性は、KRAS変異を有しない腫瘍患者に対してのみ当てはまる。

参考文献:

Peeters M, Price T, Hotko Y et al. Randomized phase III study of panitumumab (pmab) with FOLFIRI versus FOLFIRI alone as second-line treatment (tx) in patients (pts) with metastatic colorectal cancer (mCRC): Patient-reported outcomes (PRO). Presented at 2010 ASCO Gastrointestinal Cancers Symposium. Orlando, FL, January 22-24, 2010. Abstract 282.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 森島 由希

監修 千種 葉月(薬学)

原文を見る

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

大腸がんに関連する記事

若年成人の大腸がん罹患率増加に肥満とアルコールが関与の画像

若年成人の大腸がん罹患率増加に肥満とアルコールが関与

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)2024年におけるEUと英国のあらゆるがんによる死亡率を専門家が予測

欧州連合(EU)と英国における25〜49歳の大腸がんによる死亡率の上昇には、過体重と肥満...
意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果の画像

意図せぬ体重減少はがんの兆候か、受診すべきとの研究結果

ダナファーバーがん研究所意図せぬ体重減少は、その後1年以内にがんと診断されるリスクの増加と関連するという研究結果が、ダナファーバーがん研究所により発表された。

「運動習慣の改善や食事制限...
低リスク病期2A結腸がん治療選択における術後血中ctDNAの役割は不明瞭 の画像

低リスク病期2A結腸がん治療選択における術後血中ctDNAの役割は不明瞭 

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解
「ステージ2結腸がんにおいては、常に医療者と患者が意思決定プロセスを決定することで、術後補助化学療法の検討が行われてきました。血中循環腫...
大腸がん術後微小残存病変への化学療法の効果を血中ctDNAが予測の画像

大腸がん術後微小残存病変への化学療法の効果を血中ctDNAが予測

米国臨床腫瘍学会(ASCO)ASCO専門家の見解
「本試験は、ctDNAクリアランス(循環腫瘍DNAがリキッドバイオプシーで検出されない状態)持続の重要性を示しただけでなく、術後化学療法...