フェマーラ®とタモキシフェンによる乳癌の逐次療法はフェマーラ®単独療法と比べ有効性は高くない

キャンサーコンサルタンツ
2009年8月

BIG 1-98研究グループに参加している研究者らは、フェマーラ®(レトロゾール)とタモキシフェン(ノルバデックス®)の2剤による逐次(順次)療法では、閉経後ホルモン受容体陽性乳癌患者において、無病生存期間を改善しないと報告していた。この試験の詳細はNew England Journal of Medicine誌の2009年8月20日版に掲載されている。

乳癌の多くはホルモン受容体陽性である。この種の癌は、エストロゲンやプロゲステロンといった、体内を循環している女性ホルモンに刺激されて増大する。ホルモン受容体陽性の乳癌の治療には、エストロゲンの働きを抑制または阻害するホルモン療法を必要とすることが多い。これらのホルモン療法にはタモキシフェンと同様にフェマーラのようなアロマターゼ阻害剤が含まれる。タモキシフェンはエストロゲンレセプターを阻害する一方、アロマターゼ阻害剤はエストロゲンの産生を抑制する。

Breast International Group (BIG) 1-98試験はランダム化第3相二重盲検臨床試験で、8,000人以上の閉経後のホルモン受容体陽性早期乳癌患者を対象としている。参加した女性らは、4グループのいずれかにランダムに分けられた。

・タモキシフェン療法5年間
・フェマーラ療法5年間
・フェマーラ2年間、その後タモキシフェン3年間の逐次療法
・タモキシフェン2年間、その後フェマーラ3年間の逐次療法

以前のBIG 1-98試験からのデータの解析では、フェマーラはタモキシフェンに比べ再発、特に遠隔部位での再発のリスクを減少させるということが示されていた。研究者らは、現在の追跡期間中央値がほぼ6年間という時点で、逐次療法という選択肢の効果を評価しているところである。結果は、いずれの逐次療法も、フェマーラ単独療法と比べ、無病生存期間を有意に改善させるわけではないことを示している。

特に、前回の研究結果では、フェマーラ療法群はタモキシフェン単独療法群と比較して、ランダム化から2年以内の再発頻度は有意に低かった。その後の71カ月の追跡では、フェマーラ投与を受けた患者の全生存期間は良かったものの(ハザード比:0.87)、この差については統計学的に有意には至らなかった(p-0.08)。

研究者らは、現在、逐次療法群において同様のことを述べている。先にタモキシフェンの投与を受けた後にフェマーラの投与を受けた女性の方は、先にフェマーラの投与を受けた後にタモキシフェンの投与を受けた女性と比べると、早期に再発する割合が高かった。この結果から、研究者らは、フェマーラを2年間投与した後にタモキシフェンを全5年間投与するという逐次療法は、何らかの理由でフェマーラの投与を中止する必要がある場合、許容し得る選択肢であろうと考察している。

コメント:この研究者らは、フェマーラとタモキシフェンによる逐次療法は、フェマーラ単独療法以上の有用性は示していないと結論づけた。

参考文献:The BIG 1-98 Collaborative Group. Letrozole therapy alone or in sequence with tamoxifen in women with breast cancer. New England Journal of Medicine [early online publication]. August 20, 2009.乳癌女性におけるレトロゾール治療単独とタモキシフェンの順次投与との比較(日本語訳)


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 朝井 鈴佳

監修 千種 葉月(薬学)

原文を見る

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

乳がんリスク評価ツールの仕組みの画像

乳がんリスク評価ツールの仕組み

2024年3月、女優のOlivia Munnは乳がんと診断されたことを発表した。Munnさんはまた、がんリスク評価ツールが彼女の診断に至る過程で果たした役割を強調した。今回のQ&...
ハイリスク遺伝子を有する若年乳がんサバイバーの生殖補助医療は安全の画像

ハイリスク遺伝子を有する若年乳がんサバイバーの生殖補助医療は安全

ハイリスク遺伝子があり、乳がん後に妊娠した若い女性を対象とした初の世界的研究によれば、生殖補助医療(ART)は安全であり、乳がん再発リスクは上昇しないハイリスク遺伝子があり、乳...
【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善の画像

【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善

ASCOの見解(引用)「抗体薬物複合体(ADC)は、乳がん治療において有望で有益な分野であり、治療パラダイムにおける役割はますます大きくなっています。トラスツズマブ デルクステ...
【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...