白血病薬アシミニブはHER2陽性転移性乳がんに有望

デュークがん研究所の研究者が主導した動物実験において、白血病の治療薬として承認されている薬剤が、HER2陽性乳がん腫瘍の脳内コロニー形成能力の阻害に成功した。

この結果は、8月30日付のCell Reports誌に掲載され、ヒトでの臨床試験への根拠となり、致死的な乳がんでの主な経路の1つを阻害する新しいアプローチの可能性を示唆している。

「HER2陽性乳がんの治療は大幅に進歩していますが、腫瘍が治療法を逃れると、しばしば脳に転移します」と、上級著者のAnn Marie Pendergast医学博士(デューク大学医学部薬理学・癌生物学部教授、副学部長)は話す。

「脳転移が生じている場合、腫瘍が耐性を獲得しているか、治療薬が血液脳関門を通過できないため、治療はうまくいきません。患者にとっては、依然として厳しい診断です」とPendergast氏は述べた。

Pendergast氏らは、延命に大きな成果を収めている標的治療への耐性を獲得後にHER2がどのように乳がん増殖を促進させるかに注目した。HER2タンパクは、乳がんの30%においては促進力となり、約45%においては脳転移を引き起こす。

研究チームは、HER2の発現を制御するABL1キナーゼおよびABL2キナーゼと呼ばれる一組の酵素に着目した。これらキナーゼが、乳がん細胞の表面にHER2が集積する状態を作り出し、乳がん腫瘍の転移促進に重要な役割を担っていることを見出した。

Pendergast氏のチームは、マウスを使った実験で、白血病治療薬のアシミニブ(販売名:セムブリックス)を用いてこれらABLキナーゼを阻害することに成功した。キナーゼ阻害薬である同剤は、担がんマウスの血液脳関門を通過し、ABLキナーゼのシグナル伝達機構を阻害する。

ABLシグナル伝達ネットワークが遮断されると、乳がん細胞にHER2タンパク質は集積されず、がん細胞の増殖および転移促進のプロセスは停止する。

「これらの知見はHER2陽性脳転移の治療におけるABLキナーゼ阻害薬の使用を支持するものです」と、Pendergast氏は語った。


  • 監訳 高光恵美(生化学、遺伝子解析)
  • 翻訳担当者 平 千鶴
  • 原文を見る
  • 原文掲載日 2022/08/29

乳がんに関連する記事

【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善の画像

【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善

ASCOの見解(引用)「抗体薬物複合体(ADC)は、乳がん治療において有望で有益な分野であり、治療パラダイムにおける役割はますます大きくなっています。トラスツズマブ デルクステ...
【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...
欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024

ESMO 乳がんBreast Cancer 2024が5月15日から17日にかけてドイツのベルリンで開催され、乳がんの最新研究が発表される。世界中からベルリンに集まった参加者は、著名な...
次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。