FDAがESR1遺伝子変異陽性の進行/転移乳がんにエラセストラントを承認

米国食品医薬品局(FDA)

2023年1月27日、米国食品医薬品局 (FDA) は、1ライン以上のホルモン療法後に疾患が進行したER陽性HER2陰性でESR1変異がある進行または転移乳がんを有する閉経後女性または成人男性に対して、エラセストラント [elacestrant] (販売名:Orserdu、Stemline Therapeutics社)を承認した。

また、FDAはGuardant360 CDxがん遺伝子パネルを、エラセストラントによる治療の対象となる乳がん患者を特定するためのコンパニオン診断検査として承認した。

有効性はEMERALD試験(NCT03778931)で評価された。EMERALD試験は、ER陽性HER2陰性の進行または転移乳がんを有する閉経後女性および成人男性の478人(うち228人がESR1変異を有する)を登録したランダム化非盲検実薬対照多施設共同試験である。本試験では、CDK4/6阻害薬による治療1ラインを含む、ホルモン療法による1~2ラインの治療の後に病勢進行が認められた患者が対象である。適格患者は、進行または転移乳がんに対する前治療として化学療法を最大1ライン受けていてもよい。患者は、エラセストラント345 mgを1日1回の経口投与群(n=239)、または医師が選択したホルモン内分泌療法群(n=239)に無作為に割り付けられた(1:1)。ホルモン療法にはフルベストラント(n=166)またはアロマターゼ阻害薬(n=73)が含まれる。無作為化はESR1変異の有無、フルベストラントによる治療歴の有無および内臓転移の有無によって層別化された。ESR1変異の状態は、Guardant360 CDx検査を用いた血中循環腫瘍デオキシリボ核酸(ctDNA)により決定し、リガンド結合ドメインにおけるESR1ミスセンス変異に限定された。

主な有効性評価項目は無増悪生存期間(PFS)で、盲検下独立画像評価委員会により評価された。ITT解析(治療企図に基づく解析)の対象集団とESR1変異を有する患者集団との間で、PFSに統計的有意差が認められた。

ESR1変異を有する患者228人(48%)のPFSの中央値は、エラセストラント群で3.8カ月(95% CI: 2.2, 7.3)、フルベストラントまたはアロマターゼ阻害薬群で1.9カ月(95% CI: 1.9, 2.1)であった[ハザート比(HR)0.55(95% CI: 0.39, 0.77)、両側p値=0.0005]。

ESR1変異のない250人(52%)の患者におけるPFSの探索的解析では、HR 0.86(95% CI: 0.63, 1.19)が得られ、ITT解析対象集団における改善は主にESR1変異集団で認められた結果に起因することが示された。

主な有害事象 (10%以上) は、臨床検査値異常を含め、筋骨格痛、悪心、コレステロール増加、AST増加、トリグリセリド増加、疲労、貧血、嘔吐、ALT増加、ナトリウム減少、クレアチニン増加、食欲減退、下痢、頭痛、便秘、腹痛、ほてり、消化不良であった。

エラセストラントの推奨用量は、345 mgを1日1回、病勢進行または許容できない毒性が発現するまで食物とともに経口摂取する。

Orserduの全処方情報はこちらを参照。


  • 監訳 下村 昭彦(乳腺・腫瘍内科/国立国際医療研究センター乳腺腫瘍内科)
  • 翻訳担当者 三宅 久美子
  • 原文を見る
  • 原文掲載日 2023/01/27

乳がんに関連する記事

大気汚染と乳がんリスクの関連は政治行動を要するの画像

大気汚染と乳がんリスクの関連は政治行動を要する

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)微小粒子大気汚染レベルが高い場所に居住し働く女性は、汚染の少ない地域に居住し働く女性よりも乳がんに罹患する可能性が高い。居住地と職場の両方における大気汚染暴...
乳房切除・再建後の早期乳がんに対する短期放射線療法の安全性の画像

乳房切除・再建後の早期乳がんに対する短期放射線療法の安全性

ダナファーバーがん研究所がん関連の転帰および身体的な転帰は長期療法と短期療法で同等であったが、短期療法の方が生活と経済への負担が少ないことが患者調査によって報告された。

乳房切除術および...
化学療法に伴う乳がんサバイバーの末梢神経障害をコンピューターゲームが改善の画像

化学療法に伴う乳がんサバイバーの末梢神経障害をコンピューターゲームが改善

MDアンダーソンがんセンター化学療法誘発性末梢神経障害(CIPN)は、多くのがんサバイバーにしびれ、感覚の喪失、痛みなどのネガティブな感覚を引き起こし、がん治療後の主な慢性的問題として...
乳がん手術を回避できた患者が前向きな経験を報告の画像

乳がん手術を回避できた患者が前向きな経験を報告

MDアンダーソンがんセンター化学療法に強い反応を示した乳がん患者の一部は手術を回避でき、また、放射線治療のみを受けた場合もがんの再発リスクが低いことが、これまでの研究で示唆されている。...