FDAがESR1遺伝子変異陽性の進行/転移乳がんにエラセストラントを承認

米国食品医薬品局(FDA)

2023年1月27日、米国食品医薬品局 (FDA) は、1ライン以上のホルモン療法後に疾患が進行したER陽性HER2陰性でESR1変異がある進行または転移乳がんを有する閉経後女性または成人男性に対して、エラセストラント [elacestrant] (販売名:Orserdu、Stemline Therapeutics社)を承認した。

また、FDAはGuardant360 CDxがん遺伝子パネルを、エラセストラントによる治療の対象となる乳がん患者を特定するためのコンパニオン診断検査として承認した。

有効性はEMERALD試験(NCT03778931)で評価された。EMERALD試験は、ER陽性HER2陰性の進行または転移乳がんを有する閉経後女性および成人男性の478人(うち228人がESR1変異を有する)を登録したランダム化非盲検実薬対照多施設共同試験である。本試験では、CDK4/6阻害薬による治療1ラインを含む、ホルモン療法による1~2ラインの治療の後に病勢進行が認められた患者が対象である。適格患者は、進行または転移乳がんに対する前治療として化学療法を最大1ライン受けていてもよい。患者は、エラセストラント345 mgを1日1回の経口投与群(n=239)、または医師が選択したホルモン内分泌療法群(n=239)に無作為に割り付けられた(1:1)。ホルモン療法にはフルベストラント(n=166)またはアロマターゼ阻害薬(n=73)が含まれる。無作為化はESR1変異の有無、フルベストラントによる治療歴の有無および内臓転移の有無によって層別化された。ESR1変異の状態は、Guardant360 CDx検査を用いた血中循環腫瘍デオキシリボ核酸(ctDNA)により決定し、リガンド結合ドメインにおけるESR1ミスセンス変異に限定された。

主な有効性評価項目は無増悪生存期間(PFS)で、盲検下独立画像評価委員会により評価された。ITT解析(治療企図に基づく解析)の対象集団とESR1変異を有する患者集団との間で、PFSに統計的有意差が認められた。

ESR1変異を有する患者228人(48%)のPFSの中央値は、エラセストラント群で3.8カ月(95% CI: 2.2, 7.3)、フルベストラントまたはアロマターゼ阻害薬群で1.9カ月(95% CI: 1.9, 2.1)であった[ハザート比(HR)0.55(95% CI: 0.39, 0.77)、両側p値=0.0005]。

ESR1変異のない250人(52%)の患者におけるPFSの探索的解析では、HR 0.86(95% CI: 0.63, 1.19)が得られ、ITT解析対象集団における改善は主にESR1変異集団で認められた結果に起因することが示された。

主な有害事象 (10%以上) は、臨床検査値異常を含め、筋骨格痛、悪心、コレステロール増加、AST増加、トリグリセリド増加、疲労、貧血、嘔吐、ALT増加、ナトリウム減少、クレアチニン増加、食欲減退、下痢、頭痛、便秘、腹痛、ほてり、消化不良であった。

エラセストラントの推奨用量は、345 mgを1日1回、病勢進行または許容できない毒性が発現するまで食物とともに経口摂取する。

Orserduの全処方情報はこちらを参照。


  • 監訳 下村 昭彦(乳腺・腫瘍内科/国立国際医療研究センター乳腺腫瘍内科)
  • 翻訳担当者 三宅 久美子
  • 原文を見る
  • 原文掲載日 2023/01/27

乳がんに関連する記事

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...
欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024

ESMO 乳がんBreast Cancer 2024が5月15日から17日にかけてドイツのベルリンで開催され、乳がんの最新研究が発表される。世界中からベルリンに集まった参加者は、著名な...
次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。
HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望の画像

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、新規の3剤併用療法がHER2陰性進行乳がん患者において顕著な奏効を示した。この治療で...