乳癌メトロノーム化学療法(休眠療法、低容量持続化学療法)/ダナ・ファーバー癌研究所

原文
進行乳癌において血管新生阻害剤を併用した低用量持続化学療法は有効
ダナ・ファーバー癌研究所 2005/12/8

H. Burstein医学博士
低用量で服用回数を増やして実施する化学療法、「メトロノーム」化学療法と呼ばれる新しい手法は、血管新生阻害剤と併用した際、一部の進行乳癌患者の間で病気が部分的に緩和したという報告がボストンのDana-Farber Cancer Institute(ダナ・ファーバー癌研究所)の研究者から発表された。
[pagebreak]


患者55人の予備試験では、低用量持続化学療法のみで乳癌の進行が2カ月遅延したのに対し、低用量持続化学療法に抗VEGF抗体であるベバシズマブ(アバスチン: Genentech社)を併用した場合、乳癌の進行が平均5.5カ月遅延したと、Dana-Farber Cancer Instituteの腫瘍内科医であるHarold Burstein医学博士は語った。Burstein博士は、本日、年に1度開催されるSan Antonio Breast Cancer Symposiumの一般セッションで試験結果を発表した。

「代表的血管新生阻害剤にメトロノーム化学療法を組み合わせることにより、臨床上の効果が見られ、また良好な耐容性を示した。」とBurstein博士は語った。「この組み合わせは追求するに値するとわれわれは考え、この治療法を初期の乳癌患者に展開する第2相臨床試験で、この治療コンセプトをさらに探求している。」

今回の臨床試験は、乳癌に対する化学療法の結果を改善する方法として、数年前に提案された治療戦略に対する初めての厳格な試験のひとつであると、ハーバード・メディカルスクールの内科学助教授でもあるBurstein博士は語った。

従来、高用量の化学療法は、副作用から回復するための非投与期間を設けて、2週間から3週間の間隔で実施される。しかし、研究所の研究者たちは、この休息期間により、化学療法で血管を破壊した後、腫瘍を栄養する血管が再形成されると示唆した。研究者たちは、、血管新生(新しい血管の増殖)を防止する方法として、低用量でほぼ一定間隔、つまりメトロノームの音と同様に定期的に投薬することを提案した。

Dana-Farber Cancer Instituteで実施された試験では、進行性転移性乳癌.患者21名に、メトロノミック療法で、化学療法剤のシクロホスファミドおよびメトトレキサートが投与された。さらに別の患者34名に対し、14日ごとに静脈内に注入する血管新生阻害剤のベバシズマブ、すなわちアバスチンと併用する化学療法を実施した。どの患者も以前に進行癌に対して強い治療を受けた経験はなかった。

メトロノームのみの治療は、2人の部分寛解(患者の10%)をもたらし、別の8人の患者の癌は不変であった。併用群では患者10人(29%)が部分寛解し、14人(41%)の癌が不変であったことから結果はより良好に思われる。依然として、両群に疲労などの副作用があったが、治療は一般的に耐容性が良好で、消化器系の副作用や脱毛などの従来の化学療法の主要な副作用は見られなかったと、Burstein博士は語った。

メトロノーム療法自体は臨床上の効果が限られたが、血管新生阻害剤を追加した際に見られる効果は、 「この新しい治療法はさらなる調査に値する」と示唆されると、研究者は結論づけた。

本臨床試験は、National Cancer Institute-Avon Partners for Progress Award、Dana-Farber/Harvard Cancer Centerに供与された乳癌のSPORE(Specialized Program of Research Excellence)の助成金およびアバスチンのメーカーであるGenentech社からの支援により実施された。

Dana-Farber Cancer Instituteは、ハーバード・メディカルスクールの主要な教育施設であり、米国有数の癌研究および治療センターである。また、米国立癌研究所の総合医療センターに指定された、Dana-Farber/Harvard Cancer Center(DF/HCC)の創立会員である。

(ポメラニアン 訳・Dr.榎本 裕(泌尿器科) 監修 )

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

乳がんリスク評価ツールの仕組みの画像

乳がんリスク評価ツールの仕組み

2024年3月、女優のOlivia Munnは乳がんと診断されたことを発表した。Munnさんはまた、がんリスク評価ツールが彼女の診断に至る過程で果たした役割を強調した。今回のQ&...
ハイリスク遺伝子を有する若年乳がんサバイバーの生殖補助医療は安全の画像

ハイリスク遺伝子を有する若年乳がんサバイバーの生殖補助医療は安全

ハイリスク遺伝子があり、乳がん後に妊娠した若い女性を対象とした初の世界的研究によれば、生殖補助医療(ART)は安全であり、乳がん再発リスクは上昇しないハイリスク遺伝子があり、乳...
【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善の画像

【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善

ASCOの見解(引用)「抗体薬物複合体(ADC)は、乳がん治療において有望で有益な分野であり、治療パラダイムにおける役割はますます大きくなっています。トラスツズマブ デルクステ...
【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...