FDAが転移HER2陽性乳がんにネラチニブを承認

2020年2月25日、米国食品医薬品局(FDA)は、転移を伴う乳がんに対して2つ以上の抗HER2療法を受けた進行または転移HER2陽性乳がん成人患者の治療として、カペシタビンとの併用でneratinib[ネラチニブ](販売名:NERLYNX、Puma Biotechnology, Inc.社)を承認した。

カペシタビンを併用したネラチニブの有効性は、転移乳がんに対して2つ以上の抗HER2療法を受けた転移HER2陽性乳がん患者621人を対象とした多施設共同ランダム化非盲検試験であるNALA(NCT01808573)によって評価された。患者は、21日を1サイクルとして、1日目から21日目に1日1回ネラチニブ240 mgと、1日目から14日目に1日2回カペシタビン750 mg/m2を経口投与するグループ(307人)、または1日目から21日目に1日1回ラパチニブ1250 mgと、1日目から14日目に1日2回カペシタビン1000 mg/m2を経口投与するグループ(314人)に1:1に無作為に割り付けられた。患者は、疾患進行または許容できない毒性が認められるまで治療を受けた。

有効性の主要評価項目は、盲検化された独立中央判定がRECIST v1.1に基づき評価した無増悪生存期間(PFS)、および全生存期間(OS)であった。主な副次評価項目は、奏効率(ORR)と奏効期間であった。 PFSの中央値は、カペシタビンとネラチニブを投与された群で5.6カ月(95%信頼区間[CI]:4.9-6.9)、カペシタビンとラパチニブを投与された群で5.5カ月(95%CI:4.3-5.6)であった(ハザード比[HR] 0.76; 95%CI:0.63-0.93; p = 0.0059)。 12カ月PFS率は、それぞれ29%(95%CI:23-35)と15%(95%CI:10-20)であった。

全生存期間(OS)の中央値は、カペシタビンとネラチニブを投与された群で21カ月(95%CI:17.7-23.8)、カペシタビンとラパチニブを投与された群で18.7カ月(95%CI:15.5-21.2)であった(HR 0.88; 95%CI:0.72-1.07; p=0.2086)。奏効率(ORR)はそれぞれ32.8%(95%CI:27.1-38.9)と26.7%(95%CI:21.5-32.4)であった。奏効期間の中央値は、それぞれ8.5カ月(95%CI:5.6-11.2)と5.6カ月(95%CI:4.2-6.4)であった。

ネラチニブとカペシタビンの併用療法において、最もよくみられたあらゆるグレードの副作用(> 5%)は、下痢、悪心、嘔吐、食欲減退、便秘、疲労/無力症、体重減少、めまい、腰痛、関節痛、尿路感染症、上部気道感染症、腹部膨満、腎機能障害、筋痙攣であった。最も頻繁に報告されたグレード3または4の副作用は、下痢、悪心、嘔吐、疲労、食欲減退であった。

進行または転移乳がんに対するネラチニブの推奨用量は、21日を1サイクルとして、1日目から21日目に1日1回食事とともにネラチニブ240 mg(6錠)と、1日目から14日目に1日2回カペシタビン750 mg/m2 であり、疾患進行または許容できない毒性が認められるまで経口投与する。

NERLYNXの全処方情報はこちらを参照。

本審査には、FDAによる評価の促進を目的として申請者が自発的に申請を行うAssessment Aidが使用された。本申請は、FDAの目標期日の2カ月前に承認された。

ネラチニブはファーストトラックの指定を受けた。 FDAの迅速承認プログラムに関する情報は、「企業向けガイダンス:重篤疾患のための迅速承認プログラム−医薬品およびバイオ医薬品(Guidance for Industry: Expedited Programs for Serious Conditions-Drugs and Biologics)」に記載されている。

翻訳担当者 河合加奈

監修 原 文堅(乳がん/がん研有明病院 乳腺センター 乳腺内科)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善の画像

【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善

ASCOの見解(引用)「抗体薬物複合体(ADC)は、乳がん治療において有望で有益な分野であり、治療パラダイムにおける役割はますます大きくなっています。トラスツズマブ デルクステ...
【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...
欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024

ESMO 乳がんBreast Cancer 2024が5月15日から17日にかけてドイツのベルリンで開催され、乳がんの最新研究が発表される。世界中からベルリンに集まった参加者は、著名な...
次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。