乳がんの化学療法はレジメンにより費用の差が大きい

MDアンダーソンがんセンター

適切な情報に基づいて化学療法を選択することで、乳がんの治療費を年10億ドル削減できる可能性

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの新しい研究によると、乳がんに対する化学療法は、その効果が同等であっても、レジメンにより費用面で相当な差があるという。化学療法の選択肢を考えるとき、この費用の差を理解しておくことは、患者と医師の話し合いにおいて有用であろう。

今回の知見はCANCER誌電子版に本日掲載されたところだが、最初に発表されたのはシカゴで開催された米国臨床腫瘍学会2016年年次集会のポスターセッションであった。

「がん治療の費用は医療機関にとっても患者にとっても劇的に増加しています。医師として、私たちは患者の経済的負担をより認識するようになっています」。筆頭著者のSharon Giordano医師(Health Services Research所長、乳腺腫瘍学教授)はこう話す。「患者が意思決定する際に治療費という重要な問題について話し合えるように、医師、患者ともに治療費に関する情報をもっと知る必要があります」。

アメリカがん協会は、2016年に米国で新規に診断される浸潤性乳がんの症例数を246,660例と推定している。手術や放射線治療に加え、乳がん患者の35%以上が化学療法を受けている。このことから、効果が同等であるもののうちから低費用のレジメンを選択していくと、全米の乳がん治療費を毎年10億ドル削減する効果が得られるとGiordano氏は説明する。

治療費を算出するため、研究者らはMarketScanのデータベースから得た2008年~2012年に米国で乳がんと診断された14,643人の成人女性の医療保険請求データを解析した。解析の対象としたのは、診断の6カ月前から診断後18カ月まで完全補償の保険に加入し、診断後3カ月以内に化学療法を受け、診断後1年間は二次性悪性腫瘍の発症がなかった患者である。

研究者らは、診断後18カ月までの保険請求データを用いて、乳がんの平均治療費(全体および個人負担分)を2013年のドルで標準化して計算した。なお、トラスツズマブを含む治療と含まない治療に分けて解析した。

「今回の研究で、乳がん治療の費用は化学療法レジメンによって相当な差があることがわかりました。同等の効果があるレジメンを比較しても相当な差です」とGiordano氏は述べる。

もっとも大きな差が出たのは保険会社の支払額であった。トラスツズマブを含まない治療を受けた患者における保険支払額中央値は82,260ドルで、もっとも多く行われるレジメンとの差は20,354ドルであった。個人負担額の中央値は2,727ドルであったが、患者の25%は4,712ドル以上、10%は7,041ドル以上を負担していた。

トラスツズマブを併用する治療を受けた患者の場合、保険支払額中央値は160,590ドルで、もっとも多く行われるレジメンとの差は46,936ドルであった。個人負担額の中央値は3,381ドルで、患者の25%は5,604ドル以上、10%は8,384ドル以上を負担していた。

Giordano氏によると、今回の研究は民間の健康保険に加入した若い世代のみを対象としたものである。民間保険に加入していない患者はさらに高い治療費を負担しなければならないだろう。加えて、今回の研究では最新の治療法のコストについては調査することができなかった。また、本研究は保険請求データに依存しているため一部誤分類の可能性があるほか、がん登録データを用いてがんのステージ分類や患者の人種・民族、腫瘍の特性について解析するといったことはできなかった。

研究者らは、がん治療の各選択肢の相対的な価値についてさらに明らかにするため、現在利用可能なデータおよび今後のデータの調査継続を計画している。

「がん診療に関わる医療者は、患者の目標や考え方に合った、価値の高いケアを提供できるよう努力し続ける必要があります」とGiordano氏は話す。「今回の研究により、化学療法に関連する経済的負担が非常に大きいことをより多くの医療従事者に知ってもらい、患者とともにベストの治療法を選択できるようになることを願っています」。

Giordano氏以外の共著者は以下のとおり(全員MDアンダーソン):Jiangong Niu, Ph.D., Hui Zhao, Ph.D., Daria Zorzi, M.D., Tina Shih, Ph.D., and Chan Shen, Ph.D., all of Health Services Research; Mariana Chavez MacGregor, M.D., Health Services Research and Breast Medical Oncology; and Benjamin Smith, M.D., Health Services Research and Radiation Oncology。

本研究は次の各機関から資金提供を受けている:the Susan G. Komen Foundation (SAC150061), the Cancer Prevention Research Institute of Texas (RP140020), the Agency for Healthcare Research and Quality (R01 HS020263) and the Duncan Family Institute for Cancer Prevention and Risk Assessment。

翻訳担当者 橋本 仁

監修 尾崎由記範(腫瘍内科・乳腺/虎の門病院 臨床腫瘍科)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024

ESMO 乳がんBreast Cancer 2024が5月15日から17日にかけてドイツのベルリンで開催され、乳がんの最新研究が発表される。世界中からベルリンに集まった参加者は、著名な...
次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。
HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望の画像

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、新規の3剤併用療法がHER2陰性進行乳がん患者において顕著な奏効を示した。この治療で...
英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブの画像

英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブ

キャンサーリサーチUKタラゾパリブ(販売名:ターゼナ(Talzenna))が、英国国立医療技術評価機構(NICE)による推奨を受け、国民保健サービス(NHS)がBRCA遺伝子変異による...