高濃度乳腺では、マンモグラフィ検診に超音波検査を追加すると癌検出率が向上

高濃度乳腺(dense breast)を有しマンモグラフィが正常だった女性に、乳房の超音波検査を追加で行ったところ乳癌検出率が向上したことが、サンアントニオ乳癌シンポジウム2014(2014年12月9~13日)で発表されたデータにより明らかになった。

「高濃度乳腺であることは、女性の乳癌発症のリスクをかなり高めます」と、ニューブリテンにあるセントラル・コネチカット病院の乳房画像診断部部長で臨床放射線医であるJean M. Weigert医師(米国放射線学会[FACR])は語る。「高濃度乳腺の女性では、マンモグラフィで検出されない相当数の乳癌が、乳房超音波検査によって見つかることを私たちは明らかにしました」。

コネチカット州において、マンモグラフィ上は正常であり乳房超音波検査で高濃度乳腺を有する女性を対象に4年間検診を行ったところ、3~4/1000人の乳癌が検出された。

「乳癌検診は個別化されるべきであり、高濃度乳腺の女性はマンモグラフィ検診に乳房超音波検査を追加することを真剣に考えるべきであるという考えをもたらした点が重要です」とWeigert医師は続けた。

2009年10月1日にコネチカット州は、マンモグラフィを受ける患者にはその乳房密度について知らせ、マンモグラフィ上で高濃度乳腺とされた患者にはさらなる検査が有益であるかもしれないことを伝えることを義務化する法律を制定した最初の州となった。

Weigert医師は、コネチカットの放射線治療2施設で得た2009年10月から2013年12月のデータをレトロスペクティブに解析した。これらの施設で毎年約30,000のマンモグラフィ検診が実施され、高濃度乳腺の超音波を用いた検診数は1~4年目でそれぞれ2,706、3,351、4,128、3,331となった。乳房超音波検診では1年目11件、2年目11件、3年目13件、4年目11件の乳癌が検出された。

4年間の陽性適中率、すなわち乳房超音波検査結果陽性患者中の乳癌患者の割合は改善された。陽性適中率は1年目7.1%、2年目6.1%、3年目8.1%、4年目17.2%であった。

「この4年間で私たちは、真に癌の可能性がある乳房超音波上の異常をよりよく検出するやり方を習得しました」とWeigert医師は述べた。「マンモグラフィの陽性適中率は約20~30%です。今や私たちはさらなる経験を積んだので、乳房超音波検査でこの数値に近づきつつあります」。

Weigert医師は利益相反はないと宣言した。

翻訳担当者 大倉綾子

監修 原 文堅 (乳腺科/四国がんセンター)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...
欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024

ESMO 乳がんBreast Cancer 2024が5月15日から17日にかけてドイツのベルリンで開催され、乳がんの最新研究が発表される。世界中からベルリンに集まった参加者は、著名な...
次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。
HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望の画像

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、新規の3剤併用療法がHER2陰性進行乳がん患者において顕著な奏効を示した。この治療で...