AdHER2樹状細胞ワクチン臨床試験

日本語動画のURL:https://youtu.be/OhCr5_VdoZ0

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。 
◆─────────────────◆ 

NCIの免疫学者でありワクチン研究者であるローレン・ウッド医師が、HER2陽性腫瘍を有する乳がんおよびその他のがんの患者向けにワクチンを開発する研究の一環として、今年(訳註:2013年)に開始した臨床試験について概要を説明します。

このビデオでウッド医師は、新たに始めた第1相AdHER2がんワクチン臨床試験の目的、アプローチ、科学的背景を語り、アニメーションを使って試験ワクチンの機序と現在利用できる標準治療との違いを説明しています。 このビデオは医療従事者を対象としており、臨床試験のアプローチの概要、ワクチンの科学的な知識、臨床試験の参加者候補にわかりやすく説明するための標準的な情報とインフォームドコンセントの資料を提供します。

また、この臨床試験の主な目的が、ワクチンの安全性と至適用量、抗腫瘍効果の有無の確認であることをわかりやすい言葉で強調しています。臨床試験への参加を検討している患者が、参加について相談する家族、友人、医療従事者にとっても参考になります。

ウッド医師の臨床試験についての詳細は、http://ccr.cancer.gov/staff/staff.asp?profileid=5570を参照してください。
 
出演者(出演順): 
Lauren Wood医師(NCIワクチン部門、国立衛生研究所臨床センター臨床試験責任医師) 
◆─────────────────◆

日本語版公開日

翻訳担当者 月橋純子

字幕指導寺田真由美

監修 大野 智(帝京大学医学部臨床研究医学講座 特任講師)

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...
欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024

ESMO 乳がんBreast Cancer 2024が5月15日から17日にかけてドイツのベルリンで開催され、乳がんの最新研究が発表される。世界中からベルリンに集まった参加者は、著名な...
次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。
HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望の画像

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、新規の3剤併用療法がHER2陰性進行乳がん患者において顕著な奏効を示した。この治療で...