男性乳癌の危険因子をNIHが調査研究で確認

米国国立がん研究所(NCI)ニュースノート

原文掲載日 :2014年2月19日

乳癌に罹患した男性約2,400人と、罹患していない男性約52,000人のデータを統合する過去最大規模の研究が実施され、男性乳癌の危険因子として、肥満、クラインフェルター症候群と呼ばれるまれな遺伝子性疾患、および女性化乳房(過剰な乳腺組織)が確認された。男性の乳癌はまれな疾患であり、米国において2014年の新患者数は約2,000人と予想されている。乳癌と診断される男性は女性患者の1%にも満たないため、男性乳癌に関連する危険因子の研究は症例数および範囲が限定されていた。NCIの研究者達はこの問題に取り組むため、男性乳癌に関する21件を超える研究の危険因子のデータを統合した。研究者による研究の結果は2014年2月19日のJournal of National Cancer Institute誌に掲載された。

NCIのLouise Brinton博士とMichael B. Cook博士に率いられた研究チームは、肥満指数(BMI)の高い男性で、わずかであるが統計学的に有意な乳癌リスクの上昇があることを認めた。BMIが最も高い群の男性は、最も低い群の男性と比較して、乳癌リスクが35%高かった。BMIの高い男性(乳腺組織が過剰でエストロゲン濃度も上昇していることが多い)で認められたリスクの上昇は、閉経後女性の乳癌リスクのパターンと類似している。また、女性化乳房はクラインフェルター症候群や肥満のいずれからも独立して、男性乳癌リスクの10倍の上昇と関連していることも確認された。次の段階として、Brinton博士はこのプロジェクトに関連するいくつかの研究から入手可能な生物学的検体のホルモン濃度を測定し、自然に分泌されるホルモンが男性での乳癌リスクに及ぼす影響をさらに詳細に分析し、これらの知見を追跡調査することを計画している。

原文

翻訳担当者 月橋純子 

監修 辻村信一(獣医学・農学博士、メディカルライター/メディア総合研究所)

原文を見る

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。
HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望の画像

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、新規の3剤併用療法がHER2陰性進行乳がん患者において顕著な奏効を示した。この治療で...
英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブの画像

英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブ

キャンサーリサーチUKタラゾパリブ(販売名:ターゼナ(Talzenna))が、英国国立医療技術評価機構(NICE)による推奨を受け、国民保健サービス(NHS)がBRCA遺伝子変異による...
乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性の画像

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)50歳以上で、初期乳がんの根治手術から3年経過後マンモグラフィを受ける頻度を段階的に減らした女性が、毎年マンモグ...