リンパ浮腫に対して弾性包帯はリンパマッサージと同等に有効

キャンサーコンサルタンツ

Journal of Clinical Oncology誌に発表された研究結果によれば、リンパ浮腫の治療では、リンパマッサージの有効性は弾性包帯と同等であるという。

リンパ浮腫は、皮膚直下の組織にリンパ液が貯留した結果、患肢に腫れ、緊張および不快感をもたらす。リンパ浮腫は、リンパ系の損傷や閉塞が原因で、外科手術や放射線治療の結果として生じることが多い。初期乳癌の女性では、癌の腋窩(腕の下)リンパ節転移の有無の判断が、癌の病期分類の重要な要素となる。腋窩リンパ節の評価では、センチネルリンパ節生検を含む場合が多い。センチネルリンパ節は、癌が最初に転移する可能性が高いリンパ節である。女性は、センチネルリンパ節に癌がある場合、より広範囲にリンパ節手術(腋窩リンパ節廓清)を受けることが多い。リンパ浮腫は、腋窩リンパ節廓清において一般的な副作用である。

リンパ浮腫では、単独治療は行なわない。治療には、(リンパマッサージとして知られている)マッサージ・ベースの減圧療法、弾性包帯および専門的運動が含まれる。したがって、1つのアプローチがもう1つよりも優れているというデータは、これまでにはみられない。

研究者らは、103人の女性を対象に、リンパ浮腫の治療法としてリンパマッサージと弾性包帯を比較する研究を行なった。女性を、弾性包帯(対照群)、毎日の用手的リンパマッサージと弾性包帯(試験群)のいずれかにランダムに割り付けた。主要評価項目を、ベースラインから6週までに腕の過剰体積がどれだけ減少したかとした。

腕の過剰体積の平均減少率が、リンパマッサージ群では29パーセント、弾性群では22.6パーセントであった。50パーセント以上の腕の過剰体積の減少があった患者の比率では、群間差がみられなかった。QOLと腕の機能では、群間差がみられなかった。

研究者らは、リンパマッサージをそれより保守的なアプローチである弾性包帯と比較した場合に、リンパ浮腫において有意な改善がみられなかったと結論づけた。

参考文献:

Dayes IS, Whelan TJ, Julian JA, et al. Randomized trial of decongestive lymphatic therapy for the treatment of lymphedema in women with breast cancer. Journal of Clinical Oncology. 2013; 31(30): 3758-3763.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 会津麻美 

監修 東 光久(血液癌・腫瘍内科領域担当/天理よろづ相談所病院)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善の画像

【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善

ASCOの見解(引用)「抗体薬物複合体(ADC)は、乳がん治療において有望で有益な分野であり、治療パラダイムにおける役割はますます大きくなっています。トラスツズマブ デルクステ...
【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...
欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024

ESMO 乳がんBreast Cancer 2024が5月15日から17日にかけてドイツのベルリンで開催され、乳がんの最新研究が発表される。世界中からベルリンに集まった参加者は、著名な...
次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。