イレッサとアリミデックスを併用すると転移性乳癌患者の無増悪生存期間が改善される

キャンサーコンサルタンツ
2010年3月

M.D.アンダーソンがんセンターの研究者たちは、アリミデックス(アナストロゾール)にイレッサ(ゲフィチニブ)を併用すると、閉経後のホルモン受容体陽性転移性乳癌女性の無増悪生存期間(PFS)が改善されることを報告した。本試験の詳細は、2010年3月15日版のClinical Cancer Research誌で発表された。[1]

アリミデックスは、体内のエストロゲン生成を阻止するホルモン療法である。この治療は一般的に、閉経後のホルモン陽性乳癌女性に使用されているが、残念なことに、乳癌女性の中には、アリミデックスに耐性を持つようになる女性や、アリミデックスに少しも反応を示さない女性もいる。このように反応を示さない理由は明らかになっていない。研究者たちは、癌と関連があるその他の生物学的経路を標的にするなど、この耐性に対処する方法について評価を続けている。

以前実施された試験では、ネクサバール(ソラフェニブ)が乳癌女性のアリミデックスに対する感受性を回復させることが示唆された。研究者たちはまた、アリミデックスにハーセプチン(トラスツズマブ)を併用するとPFSが改善されることを明らかにした。イレッサが、タモキシフェン(ノルバデックス)に耐性を持つホルモン陽性乳癌に奏効を示すことも明らかになった。

今回の試験に、ホルモン療法を受けていない閉経後のホルモン陽性転移性乳癌女性93人が参加した。しかし、乳癌患者の中には、タモキシフェンによる術後補助療法に効果を示さない女性もいた。患者は、アリミデックスとイレッサの併用、アリミデックスとプラセボの併用のいずれかに無作為に割り当てられた。

  • PFSは、アリミデックスとプラセボ群の8.4カ月に対して、アリミデックスとイレッサ群の患者では14.7カ月であった。
  • 臨床的有効率は、アリミデックスとプラセボの併用群が34%であったのに対し、アリミデックスとイレッサの併用群は49%であった。

コメント:本試験の著者たちは、内分泌療法との併用による上皮細胞増殖因子の抑制を評価する試験がさらに必要であると示唆している。

参考文献:
[1] Cristofanilli M, Valero V, Mangalik A, et al. Phase II, randomized trial to compare anastrozole combined with gefitinib or placebo in postmenopausal women with hormone receptor-positive metastatic breast cancer. Clinical Cancer Research. 2010;16:1904-1914.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 松長 愛美

監修 辻村 信一 (獣医学/農学博士、メディカルライター)

原文を見る

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...
欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024

ESMO 乳がんBreast Cancer 2024が5月15日から17日にかけてドイツのベルリンで開催され、乳がんの最新研究が発表される。世界中からベルリンに集まった参加者は、著名な...
次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。
HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望の画像

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、新規の3剤併用療法がHER2陰性進行乳がん患者において顕著な奏効を示した。この治療で...