ゼロータ単独よりゼロータとIxabepilon(イクサベピロン)の併用が化学療法抵抗性転移性乳癌に有効

キャンサーコンサルタンツ
2007年8月

ゼロータ(カペシタビン)にイクサベピロン(Bristol-Myers-Squibb社)を併用することで転移性乳癌患者の予後を改善すると多施設臨床試験に参加した研究者が報告した。このランダム化臨床試験の詳細は2007年6月に開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)の年次集会で報告された[1]。

イクサベピロンは微小管に結合し微小管安定化と有糸分裂停止に至るepothilone B analogである。現在、転移性乳癌患者でのイクサベピロンの単独使用を検討した4つの論文がある。多施設臨床試験でタキサン抵抗性転移性乳癌患者49例に対してイクサベピロンが検討された[2]。部分奏効率は12%で、病勢安定は41%であった。毒性として治療に関連した神経障害を認めている。2つめの臨床試験は、アントラサイクリン、タキサンとゼローダに抵抗性の126例によるものであった[3]。全奏効率は18%で、病勢安定は50%であった。3つめの臨床試験はアントラサイクリンによる補助療法がすでになされている転移性乳癌患者65例で評価されたものであった[4]。この群の患者で転移性乳癌に対する初回治療としてイクサベピロンが投与された。全奏効率は42%、奏効期間の中央値は8.2ヵ月であった。それに加え病勢安定が35%の症例で認められた。生存期間の中央値は22ヵ月であった。4つめの臨床試験はタキサンによる治療が以前なされていない転移性乳癌患者23例によるものであった[5]。この臨床試験では57%に部分奏効を認め、病勢安定は26%であった。

今回の臨床試験ではアントラサイクリンとタキサンに抵抗性の転移性乳癌患者752例がゼローダ単独とゼローダ・イクサベピロン併用とに無作為に割り付けられた。全症例での年齢の中央値は53才、84%が内臓の病変を有し、40%が2回の化学療法を受けていた。

イクサベピロン+ゼロータ

ゼロータのみ

患者数

375

377

全奏効率

35%

14%

無増悪生存率

5.8ヶ月

4.2ヶ月

12週無増悪生存率

71%

55%

著者らは強力な治療がなされた転移性乳癌患者においてはゼローダ単独よりはゼローダにイクサベピロンを併用するほうが効果的であると結論づけている。

コメント:

イクサベピロンが乳癌の治療に用いることができる重要な新しい薬剤であることがこれらの臨床試験から示されている。

  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved. These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein. Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc. 本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。 Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 長尾 朋美 

監修 平 栄(放射線腫瘍科)

原文を見る

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。
HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望の画像

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、新規の3剤併用療法がHER2陰性進行乳がん患者において顕著な奏効を示した。この治療で...
英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブの画像

英国、BRCA陽性の進行乳がんに初の標的薬タラゾパリブ

キャンサーリサーチUKタラゾパリブ(販売名:ターゼナ(Talzenna))が、英国国立医療技術評価機構(NICE)による推奨を受け、国民保健サービス(NHS)がBRCA遺伝子変異による...
乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性の画像

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)50歳以上で、初期乳がんの根治手術から3年経過後マンモグラフィを受ける頻度を段階的に減らした女性が、毎年マンモグ...