アロマターゼ阻害剤が心疾患リスクを増大させる可能性

キャンサーコンサルタンツ
2010年12月

閉経後乳癌の治療によく用いられるホルモン療法薬であるアロマターゼ阻害剤が心疾患リスクを増大する可能性がある。2010年サンアントニオ乳癌シンポジウムでその結果が発表された。
タモキシフェンとアロマターゼ阻害剤はホルモン受容体陽性乳癌の治療によく用いられるホルモン療法剤である。いずれの薬剤も乳房のエストロゲン作用を低下させることによって乳癌細胞増殖を遅らせるか増殖を止める。

アロマターゼ阻害剤にはアリミデックス(アナストロゾール)、フェマーラ(レトロゾール)およびアロマシン(エキセメスタン)がある。閉経後の女性を対象にアロマターゼ阻害剤をタモキシフェンと比較した諸試験では、アロマターゼ阻害剤の方が乳癌再発に対して高い効果を示す傾向にあった。その結果、治療ガイドラインではホルモン受容体陽性乳癌の閉経後の女性は治療のある時点でアロマターゼ阻害剤の使用を考慮することが推奨されている[1]。

タモキシフェンとアロマターゼ阻害剤では有害作用が異なる。タモキシフェンには血栓と子宮内膜癌(子宮体癌)がよくみられるが、アロマターゼ阻害剤には骨量減少が多い。以前の試験にはアロマターゼ阻害剤の心臓への影響を問うものもあった。

心疾患の問題をさらに評価するために、 閉経後乳癌患者を対象にタモキシフェンとアロマターゼ阻害剤を比較した大規模臨床試験7件から研究者らが情報を収集した [2]。

タモキシフェンと比較して、アロマターゼ阻害剤の使用が心疾患リスクの26%増大につながっていた。これは大きなリスク上昇ではないが、このほかに心疾患リスク因子がある女性ではリスクがさらに高い可能性があると推測している。心疾患リスクが高い女性はさまざまな治療選択肢のリスクと利益を医師と話し合うとよい。

参考文献:
[1] Burstein HJ, Prestrud AA, Seidenfeld J et al. American Society of Clinical Oncology Clinical Practice Guidelines: Update on adjuvant endocrine therapy for women with hormone receptor-positive breast cancer. Journal of Clinical Oncology. 2010; 28: 3784-3796.

[2] Amir E, Ocana A, Niraula S, Carlsson L, Seruga B. Toxicity of adjuvant endocrine therapy in postmenopausal breast cancer patients. Presented at the 33rd annual San Antonio Breast Cancer Symposium, December 8-12, 2010. Abstract S2-7.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 佐治京子

監修 野長瀬祥兼(工学、医学)

原文を見る

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性の画像

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)50歳以上で、初期乳がんの根治手術から3年経過後マンモグラフィを受ける頻度を段階的に減らした女性が、毎年マンモグ...
早期乳がんにリボシクリブとホルモン療法の併用は転帰を改善:SABCSの画像

早期乳がんにリボシクリブとホルモン療法の併用は転帰を改善:SABCS

MDアンダーソンがんセンターアブストラクト:GA03-03

Ribociclib[リボシクリブ](販売名:Kisqali[キスカリ])とホルモン療法の併用による標的治療は、再発リスクのあ...
転移乳がんの標的となり得る融合RNAは、従来認識より多い可能性の画像

転移乳がんの標的となり得る融合RNAは、従来認識より多い可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)転移乳がんの大規模コホートにおける融合RNAの包括的プロファイリングにより、治療標的となりうる独特な融合変異が明...
HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益の画像

HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)切除不能な局所進行または転移のあるHER2陽性乳がんに対して、tucatinib[ツカチニブ](米国販売名:Tu...