高齢の乳癌患者はアジュバント療法を必要としない可能性がある

キャンサーコンサルタンツ

デンマークで実施されたある研究で、腫瘍が小さく低悪性でホルモン受容体陽性である乳癌を持つ60歳以上の女性は、ホルモン療法あるいは化学療法によるアジュバント(術後)療法を必要としない可能性があることが報告された。これらの結果は、Journal of National Cancer Institutes誌に掲載された。

ほとんどの乳癌は、ホルモン受容体陽性である。そのような癌は、血中を循環する女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンに刺激されて成長する。大抵のホルモン受容体陽性乳癌の治療には、エストロゲンの働きを抑制するかもしくは阻害するホルモン療法が含まれる。これらの治療法には、アロマターゼ阻害薬として知られる薬剤と同様にタモキシフェンも含まれる。

ホルモン療法はホルモン受容体陽性の癌患者において癌再発のリスクを減らすが、副作用もある。アロマターゼ阻害薬の副作用には、関節痛や骨粗しょうなどがある。タモキシフェンの副作用には、子宮内膜(子宮)癌のリスクを高めることなどがある。乳癌治療のあとホルモン療法を実施しなくても支障のない場合は、患者はこれらの副作用は回避することができる。

術後ホルモン療法または化学療法を受けなかった乳癌患者における転帰を調べるため、デンマークの研究者が35歳から74歳までの3197人の女性について調査を行った。[1] 彼女らはすべてリンパ節転移のないホルモン受容体陽性の乳癌であった。彼女らにおける生存率は、年齢の適合する一般女性集団の生存率と比較された。

  • 全体としては、乳癌患者のほうが一般女性集団より死亡率が高かった。乳癌患者のうち970人が死亡していた。一般集団の同様グループでは、死亡していたのは737人であった。
  • 乳癌患者の死亡リスクの高さに関係する要因は、腫瘍のサイズがより大きいことと患者の年齢が若いこと(35~59歳)であった。
  • 60~74歳の患者において、小さく(10mm以下)低悪性度の癌を持つ患者における死亡リスクは、一般集団の女性のものと同程度であった。

これらの結果は、低リスクのホルモン受容体陽性乳癌を持つ高齢女性は、いかなるアジュバント療法も受けていない場合でも予後が良好(一般集団の女性の場合と同程度)であることを示している。アジュバント療法の決断は個別化させる必要があるが、付随論説は「内分泌療法のリスクと利益に関する患者の好みは、明らかに、意思決定に重要な役割を果たしている」と述べている。[2]

参考文献:

[1] Christiansen P, Bjerre K, Ejlertsen B et al. Mortality rates among early-stage hormone receptor-positive breast cancer patients: a population-based cohort study in Denmark. Journal of the National Cancer Institute. Early online publication August 31, 2011.

[2] Griggs JJ, Hayes DF. Do all patients with breast cancer require systemic adjuvant therapy? Journal of the National Cancer Institute. Early online publication August 31, 2011


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved. These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein. Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc. 本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。 Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 林 くれは

監修 原野 謙一(乳腺科・腫瘍内科/国立がん研究センター中央病院)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...
欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024の画像

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)乳がん会議2024

ESMO 乳がんBreast Cancer 2024が5月15日から17日にかけてドイツのベルリンで開催され、乳がんの最新研究が発表される。世界中からベルリンに集まった参加者は、著名な...
次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示すの画像

次世代PARP阻害薬サルパリブ、相同組換え修復不全乳がんで臨床的有用性を示す

ポリADP-リボースポリメラーゼ(PARP1)の選択的阻害薬であるsaruparib[サルパリブ]が、特定の相同組換え修復(HRR)欠損を有する乳がん患者に対して有望な客観的奏効率と無増悪生存期間を示した。この結果は第1/2相PETRA試験によるもので、4月5日から10日まで開催された米国癌学会(AACR)2024年年次総会で発表された。
HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望の画像

HER2陰性進行乳がんにエンチノスタット+免疫療法薬が有望

ジョンズホプキンス大学ジョンズホプキンス大学キンメルがんセンターの研究者らによる新たな研究によると、新規の3剤併用療法がHER2陰性進行乳がん患者において顕著な奏効を示した。この治療で...