ハーセプチンHerceptin(trastuzumab)安全性情報

原文
腫瘍医、心臓内科医向け

ジェネンテック社とFDAは、National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project (NSABP) 試験(B-31)の結果から得られたハーセプチン (trastuzumab)の心臓毒性情報の更新を医療従事者に通達した。NSABP B-31臨床試験は手術可能なHer2過剰発現した手術可能な乳癌患者(IHC 3+ or FISH+)2043人を対象に行われたランダム化第Ⅲ相試験であり、化学療法のみの群に比べ、ハーセプチンを含む治療にランダムに割り当てられた群は、心臓毒性が有意に増加した。 NSABP B-31試験とNorth Central Cancer Treatment Group (NCCTG) 試験 (N9831)による安全性データの予備解析では、New York Heart Association Class III、IVの鬱血性心不全と心臓死が、コントロール群(0.8%)に比べ、ハーセプチンを加えた群(4.1%)において統計的有意に高かったことを示した。ハーセプチンを含んだレジメンを受けた群では心臓死がなくコントロール群で1例みられた。NSABP B-31とNCCTG N9831の試験で収集された心臓安全性データの最終解析が現在行われている。 [August 2005 – Letter – Genentech]

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

乳がんリスク評価ツールの仕組みの画像

乳がんリスク評価ツールの仕組み

2024年3月、女優のOlivia Munnは乳がんと診断されたことを発表した。Munnさんはまた、がんリスク評価ツールが彼女の診断に至る過程で果たした役割を強調した。今回のQ&...
ハイリスク遺伝子を有する若年乳がんサバイバーの生殖補助医療は安全の画像

ハイリスク遺伝子を有する若年乳がんサバイバーの生殖補助医療は安全

ハイリスク遺伝子があり、乳がん後に妊娠した若い女性を対象とした初の世界的研究によれば、生殖補助医療(ART)は安全であり、乳がん再発リスクは上昇しないハイリスク遺伝子があり、乳...
【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善の画像

【ASCO2024年次総会】T-DXd(エンハーツ)がホルモン療法歴のある乳がん患者の無増悪生存期間を有意に改善

ASCOの見解(引用)「抗体薬物複合体(ADC)は、乳がん治療において有望で有益な分野であり、治療パラダイムにおける役割はますます大きくなっています。トラスツズマブ デルクステ...
【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能の画像

【ASCO2024年次総会】若年乳がん患者のほとんどが治療後に妊娠・出産可能

ASCOの見解(引用)「乳がんの治療後も、妊娠や出産が可能であるだけでなく安全でもあることが、データが進化するにつれて次々と証明されてきています。この研究では、妊娠を試みた乳が...