授乳中女性のコデイン系製剤の使用

原文
産科医、小児科医その他の医療従事者、および消費者向け

FDAは、コデインを服用していた母親がコデインの急速な代謝をもつ体質であったために、授乳された乳児が、大変稀ではあるが重篤な副作用を発症する事態を引き起こしたことについての重要な新情報を記載した公衆衛生勧告を発行した。コデインは体内で代謝されるとモルヒネに変わり疼痛を緩和する。個人の遺伝子変異含め、コデインの代謝には多くの要因が関与する。一部の人々では肝臓酵素のバリエーションによって、他の人々に比べてコデインが完全に、そして急速にモルヒネに変わるとみられる。コデインを服用していた授乳中の女性の乳汁にも高濃度でモルヒネが含まれることがあるとみられ、この母乳中の高濃度のモルヒネは乳児の生命を脅かしたり、致死的な副作用をもたらすことになる。ほとんどの場合、コデイン代謝が急速な体質であるかどうかはわからない。

授乳中の女性にコデインを含む薬剤を処方する場合、医師は有効な最低量を最短の期間の処方とし、母子の両方を注意深くモニターするべきである。FDAは患者のCYP2D6遺伝子型を判定する検査を承認しており、その検査は臨床現場で日常的に用いられてはいないが、多くの検査機関で施行可能である。この検査結果は、個人がコデインを変換する速度が平均より速く、その結果、モルヒネの血中濃度が高くなるかどうかを予測するものである。モルヒネ濃度が高すぎる場合、患者は有害事象のリスクが増加する。

[August17,2007-Public Health Advisory-FDA]
[August17,2007-Drug Information Page-FDA]

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

乳がんに関連する記事

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性の画像

乳がん術後3年以降にマンモグラフィの頻度を減らせる可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)50歳以上で、初期乳がんの根治手術から3年経過後マンモグラフィを受ける頻度を段階的に減らした女性が、毎年マンモグ...
早期乳がんにリボシクリブとホルモン療法の併用は転帰を改善:SABCSの画像

早期乳がんにリボシクリブとホルモン療法の併用は転帰を改善:SABCS

MDアンダーソンがんセンターアブストラクト:GA03-03

Ribociclib[リボシクリブ](販売名:Kisqali[キスカリ])とホルモン療法の併用による標的治療は、再発リスクのあ...
転移乳がんの標的となり得る融合RNAは、従来認識より多い可能性の画像

転移乳がんの標的となり得る融合RNAは、従来認識より多い可能性

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)転移乳がんの大規模コホートにおける融合RNAの包括的プロファイリングにより、治療標的となりうる独特な融合変異が明...
HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益の画像

HER2陽性の転移乳がんにツカチニブ+トラスツズマブ エムタンシン併用が有益

米国がん学会(AACR)  サンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS)切除不能な局所進行または転移のあるHER2陽性乳がんに対して、tucatinib[ツカチニブ](米国販売名:Tu...