トラベクテジンは脂肪肉腫および平滑筋肉腫において、標準治療薬ダカルバジンに勝る

キャンサーコンサルタンツ

化学療法剤トラベクテジン(ヨンデリス)は、前治療以後に再発または増悪した進行脂肪肉腫または平滑筋肉腫の患者に対して、標準治療薬ダカルバジン(DTIC)と比較して治療成績を改善する。これらの試験結果はこのほど、Journal of Clinical Oncology誌の「速報」として発表された。

脂肪肉腫および平滑筋肉腫は両者とも軟部肉腫の組織型である。軟部組織とは身体の支持組織、結合組織、またはその他の組織や臓器を取り囲む組織であり、脂肪、筋肉、神経、腱、血管、リンパ管などが含まれる。

脂肪肉腫は脂肪細胞、平滑筋肉腫は平滑筋から発生する軟部肉腫である。平滑筋は不随意に動く筋肉であり、筋肉の収縮または弛緩を随意制御できないことを意味する。平滑筋の例としては消化器系、子宮、皮膚または唾液腺がある。

軟部肉腫は身体のさまざまな部位、つまり脂肪細胞や平滑筋がある部位であればどこでも発生する可能性がある。

研究者らは脂肪肉腫または平滑筋肉腫患者を対象としてトラベクテジンとダカルバジンを直接比較する多施設共同の第3相臨床試験を実施した。臨床試験は、少なくとも1つの標準療法のレジメンに加えてアントラサイクリン(化学療法剤の一種)による治療を受けた518人の転移性軟部肉腫(がんが身体の遠隔部位に転移している)患者を組み入れた。

・無増悪生存期間(がんの増悪がない生存期間)中央値は、ダカルバジン投与患者でわずか1.5カ月であったのに対して、トラベクテジン投与患者では4.1カ月であった。
・トラベクテジンで最も多くみられた重篤な副作用は、血液細胞数の減少および肝酵素値の上昇であった。

研究者らは「先行の化学療法が奏効しなかった進行性脂肪肉腫および平滑筋肉腫患者に対して、トラベクテジンは従来のダカルバジンよりも疾患のコントロールで上回ることが実証された。進行した肉腫患者にとって疾患コントロールが臨床的に意義のあるエンドポイントであることから、本臨床試験はこれらの悪性腫瘍患者に対するトラベクテジンの有効性を裏づけるものである」と述べた。

参考文献:
Demetri G, von Mehren M, Jones R, et al. Efficacy and Safety of Trabectedin or Dacarbazine for Metastatic Liposarcoma or Leiomyosarcoma After Failure of Conventional Chemotherapy: Results of a Phase III Randomized Multicenter Clinical Trial. Journal of Clinical Oncology. Published online before print September 14, 2015, doi: 10.1200/JCO.2015.62.4734.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 石川寛和

監修 遠藤 誠(骨軟部腫瘍科/国立がん研究センター中央病院)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

肉腫に関連する記事

ニロガセスタットはデスモイド腫瘍に有望な可能性の画像

ニロガセスタットはデスモイド腫瘍に有望な可能性

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ非常にまれで消耗性の軟部腫瘍であるデスモイド腫瘍は、新たな臨床試験の結果に基づき、まもなく承認された治療選択肢を得るだろう。この疾患は、現時...
ESMO会議:肉腫・希少がん会議と欧州肺がん会議の画像

ESMO会議:肉腫・希少がん会議と欧州肺がん会議

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)世界有数の臨床腫瘍学会である欧州臨床腫瘍学会(European Society for Medical Oncology:ESMO)は、腫瘍学における特定の...
ETV6タンパク質がユーイング肉腫治療の重要なターゲットとなる可能性の画像

ETV6タンパク質がユーイング肉腫治療の重要なターゲットとなる可能性

米国国立がん研究所(NCI)
ユーイング肉腫は、小児がんの中でも特に治療が難しいがんであり、治療後に転移・再発した患者に対する有効な治療法の開発はほとんど進んでいない。この進展のなさは、...
ctDNA血液検査は進行GIST患者の最適な治療法の決定に役立つの画像

ctDNA血液検査は進行GIST患者の最適な治療法の決定に役立つ

「がんにおける体細胞変異は経時的に進化し、薬剤耐性をもたらす可能性がますます認識されています。治療法をリアルタイムで個別化するには、変異の全体像を評価するため、従来の侵襲的な生検以外の新たなツ...