MDA研究ハイライト2022/08/24【2】肉腫、メラノーマ

免疫療法併用療法が転移性肉腫患者に有効

進行性または転移性の軟部肉腫および骨肉腫の患者には、標準的な治療法の選択肢がほとんどない。Neeta Somaiah医師が主導する新しい研究では、複数のサブタイプの再発肉腫あるいは転移性肉腫を対象に、抗PD-L1薬であるデュルバルマブ(販売名:イミフィンジ)と抗CTLA-4薬であるトレメリムマブの併用治療の安全性と有効性が検証された。主要評価項目は、治療開始後12週における無増悪生存割合(PFS)であった。第2相臨床試験では、再発・転移性肉腫患者62人が登録され、57人(92%)に併用療法が適用された。副作用のプロファイルは、これまでに抗CLTA-4療法や抗PD-L1療法で示されたものと一致した。12 週の無増悪生存割合は全体で 49%であり、特定の患者集団でより高い割合となった。これらの知見は、この併用療法が安全であり、特定の肉腫のサブタイプにおいてさらなる研究を行う価値があることを示唆するものである。詳細はThe Lancet Oncology誌で確認できる。

症状のあるメラノーマ(悪性黒色腫)脳転移患者を対象とした第2相試験で、免疫療法と標的療法の併用の頭蓋内での有効性を初めて確認

ステージIVメラノーマの患者の約75%は、ある時点で脳転移を起こすと言われている。この進行性の疾患は依然として治療が困難であり、従来より、これらの患者は臨床試験の対象から除外されてきた。国際共同第2相試験であるTRICOTEL試験では、中枢神経系への転移を有する治療歴のないBRAFV600変異陽性メラノーマ患者65人を対象に、アテゾリズマブ(販売名:テセントリク)とコビメチニブおよびベムラフェニブ(販売名:ゼルボラフ)の併用投与を実施した。重要なことは、臨床現場では一般的に見られるものの臨床試験において十分に研究されていない、症状のある患者や副腎皮質ステロイドを使用している患者の登録を可能としていることである。MDアンダーソン脳転移クリニック共同ディレクターのHussein Tawbi医学博士らが報告するように、頭蓋内奏効率は全体で42%、症状のある患者では46%であり、このような患者集団でこうした奏効が報告されたのは初めてである。詳細はThe Lancet Oncology誌で確認できる。

日本語記事監訳:遠藤誠(肉腫、骨軟部腫瘍/九州大学病院)

翻訳担当者 伊藤彰

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

肉腫全般に関連する記事

FDAが進行胞巣状軟部肉腫にアテゾリズマブを承認の画像

FDAが進行胞巣状軟部肉腫にアテゾリズマブを承認

進行した胞巣状軟部肉腫(ASPS)に対する治療法が、米国国立衛生研究所(NIH)に属する米国国立がん研究所(NCI)が主導した臨床試験をもとに初めて承認された。免疫療法薬のアテゾリズマブ(販売...
転移のない軟部肉腫に短期放射線療法は通常療法と同等に有効の画像

転移のない軟部肉腫に短期放射線療法は通常療法と同等に有効

寡分割照射により、創傷の合併症リスクを増加させることなく同等の腫瘍制御を達成 転移のない軟部肉腫(STS)で術前放射線治療が必要な患者は、5週間ではなく3週間の寡分割照射を安全に受けることが可能であり、この治療には同等の腫瘍制御効果があり、
平滑筋肉腫患者・家族の希少がん研究プロジェクト「Count Me In」の画像

平滑筋肉腫患者・家族の希少がん研究プロジェクト「Count Me In」

新たな平滑筋肉腫プロジェクトは、既存の取り組みであるCount Me In's Osteosarcoma Projectに加わり、患者と協力して希少がんの科学的発見を加速させている。 Count Me In(カウント・ミー・イン、「私を参加
ニロガセスタットは希少軟部腫瘍であるデスモイド腫瘍の予後を改善【ESMO2022】の画像

ニロガセスタットは希少軟部腫瘍であるデスモイド腫瘍の予後を改善【ESMO2022】

・Notch経路を標的とした初の第3相試験により、まれな腫瘍の予後が改善 ・Notchを標的とするガンマセクレターゼ阻害剤であるnirogacestat[ニロガセスタット]は、デスモイド腫瘍患者の無増悪生存期間を延長し、症状を軽減 ・希少が