レブラミドは転移性腎細胞癌に有効

キャンサーコンサルタンツ
2006年12月

Cleveland Clinicの研究者らは、治療歴のない、または治療歴1回のみで奏効しなかった転移性腎細胞癌(MRCC)患者に、レブリミド®(レナリドマイド)が有効であると報告した。この研究の詳細は2006年12月1日号のCancerに記載されている。

20年以上の間、MRCCの主な治療はProleukin® (Il-2)とインターフェロンαであった。これら2種の薬剤は、ごくわずかな患者に完全寛解(CR)をもたらす可能性がある。最近になって、スーテント® (SU11248)、タルセバ®、アバスチン®、ネクサバール®、temsirolimus[テムシロリムス]などの生物製剤およびラパチニブなどがMRCC治療に有意な有効性を示すと報告されている。また、最近の小規模な研究により、Thalomid®(サリドマイド)が、MRCCに対するProleukinの奏効率を改善し得ることが示唆されている。その作用機序はIL-6とC反応性蛋白(CRP)の低下に関連があると仮定されてきた。

MRCCに対してThalomidが奏効するため、毒性の弱い類似体であるレブリミドを評価することは理にかなっていた。著者らは、MRCC患者28名をレブリミドを用いて治療した。うち、半数以上が事前に全身療法を、40%が事前に放射線療法を受け、43%は腎摘出術以外に前治療を受けなかった。3名が15カ月以上持続する部分奏効を示したと報告された。さらに、39%が不変またはいくらかの腫瘍縮小を3ヶ月間以上示した。13.5ヶ月の追跡において、生存期間中央値には到達しなかった。本分析の時点で全生存期間の中央値には到達しなかった。主な副作用は疲労感、皮膚障害、好中球減少であった。
Comments:レブリミドはMRCC治療に有効とみられ、Thalomidの研究で通常使用される、Proleukinのような薬剤と併用する必要がある。


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 Yukku

監修 榎本 裕(泌尿器科)

原文を見る

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

腎臓がんに関連する記事

免疫療法薬後の腎がん脳転移は免疫抑制による腫瘍微小環境が関連かの画像

免疫療法薬後の腎がん脳転移は免疫抑制による腫瘍微小環境が関連か

米国癌学会(AACR)脳転移の治療標的の特定にシングル核RNAシーケンスと空間トランスクリプトームを適用した研究

腎細胞がん患者の脳転移には全く異なる遺伝子発現プログラムがあり、原発腫瘍...
ベルズチファン+カボザンチニブ併用は免疫療法治療歴のある進行腎がんに有望の画像

ベルズチファン+カボザンチニブ併用は免疫療法治療歴のある進行腎がんに有望

ダナファーバー研究所
研究概要試験タイトル:
免疫療法薬による治療歴を有する進行淡明細胞腎細胞がん患者に対するベルズチファンとカボザンチニブの併用:非盲検単群第2相試験
 
公開:
ラン...
免疫療法薬+標的治療併用が進行腎臓がんの生存率を改善の画像

免疫療法薬+標的治療併用が進行腎臓がんの生存率を改善

研究概要 ダナファーバーがん研究所
研究タイトル :
進行腎細胞がんの一次治療としてのレンバチニブ+ペムブロリズマブ併用療法とスニチニブ単剤療法の比較:非盲検ランダム化第3相試験(CLEA...
ニボ/イピ+カボザンチニブ3剤併用により進行腎臓がんの悪化を抑制の画像

ニボ/イピ+カボザンチニブ3剤併用により進行腎臓がんの悪化を抑制

● 3剤併用療法を受けた患者は、2剤併用免疫療法を受けた患者と比較して、病勢悪化または死亡のリスクが27%低かった。 ● COSMIC-313試験は、遠隔転移を有する腎細胞がんに対し、現在の標準治療であるニボルマブ(販売名:オプジーボ