抗PD-1抗体の有望な結果が示される(ASCO2012)

キャンサーコンサルタンツ

第48回米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次集会(イリノイ州シカゴ市)で発表された第1相試験結果によると、臨床試験用医薬品BMS-936558は、進行悪性黒色腫患者、進行腎細胞癌患者、および非小細胞肺癌患者のほぼ25%で、腫瘍縮小を引き起こした。

BMS-936558はPD(Programmed cell Death:プログラム細胞死)-1の伝達経路を阻害する分子標的薬の1種である抗体医薬品である。なお、PD-1は、癌に対する生体免疫応答を抑制し、生体が癌を攻撃できないようにする。BMS-936558は、PD-1伝達経路を阻害することで、癌を攻撃する免疫系の再活性化を促す。

本試験には、標準治療抵抗性の悪性黒色腫患者、大腸癌患者、非小細胞肺癌患者、前立腺癌患者、および腎細胞癌患者総計296人が参加した。全患者は他の治療法を最大で5種受けたが、いずれの治療法も奏効しなかった。BMS-936558は、各治療サイクル(8週間)で、2週間毎に静脈投与された。また、治療効果は、各治療サイクル後に評価された。患者は、BMS-936558を最大で12サイクル(2年)投与された。

治療効果は、悪性黒色腫患者、腎細胞癌患者、および非小細胞肺癌患者で認められた。最大2年間のBMS-936558投与後に、悪性黒色腫患者の28%、腎細胞癌患者の37%、および非小細胞肺癌患者の18%に腫瘍縮小が認められた。多くの患者が12カ月以上にわたって治療効果を示した。

BMS-936558は概ね良好な忍容性を示したが、重篤な副作用が患者の14%に認められた。副作用は、皮膚発疹、下痢、および呼吸障害であった。

本試験データのサブ解析から、癌細胞のバイオマーカー候補であるタンパク質PD-L1(Programmed cell death 1 ligand 1:PD1リガンド1)がBMS-936558に反応する癌患者の予測に役立つ可能性が示唆された。PD-L1陽性腫瘍を有する患者の3分の1超がBMS-936558に反応した。一方、PD-L1陰性腫瘍を有する患者は反応しなかった。BMS-936558に対する反応予測バイオマーカーとしてPD-L1の役割を評価する研究はさらに続行されるだろう。

研究者らは、BMS-936558が、進行悪性黒色腫、進行腎細胞癌、および進行非小細胞肺癌に対して抗腫瘍活性を示すと結論づけた。進行非小細胞癌は、従来、免疫療法に対して治療効果は得られないとされていたことを踏まえると、この結果は、進行非小細胞肺癌患者にとって、特に重要なものになる可能性がある。

参考文献:

Topalian SL, Brahmer JR, Hodi FS, et al. Anti-PD-1 (BMS-936558, MDX-1106) in patients with advanced solid tumors: Clinical activity, safety, and a potential biomarker for response. Presented at the 2012 annual meeting of the American Society of Clinical Oncology, June 1-5, 2012, Chicago, IL. Abstract CRA2509.


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

翻訳担当者 渡邊 岳

監修 大野 智(腫瘍免疫/早稲田大学・東京女子医科大学)

原文を見る

原文掲載日 

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

皮膚がんに関連する記事

FDAが切除不能または転移を有する悪性黒色腫にリフィリューセルを迅速承認の画像

FDAが切除不能または転移を有する悪性黒色腫にリフィリューセルを迅速承認

米国食品医薬品局(FDA)米国食品医薬品局(FDA)は、PD-1阻害抗体およびBRAF V600陽性の場合はMEK阻害薬の併用の有無にかかわらずBRAF阻害薬の治療歴のある切除不能また...
進行メラノーマに初の腫瘍浸潤リンパ球(TIL)療法をFDAが承認の画像

進行メラノーマに初の腫瘍浸潤リンパ球(TIL)療法をFDAが承認

米国国立がん研究所(NCI) がん研究ブログ米国食品医薬品局(FDA)は30年以上の歳月をかけて、免疫細胞である腫瘍浸潤リンパ球(tumor-infiltrating lymphocy...
進行メラノーマにペムブロリズマブ投与後わずか1週間でFDG PET/CT検査が治療奏効を予測かの画像

進行メラノーマにペムブロリズマブ投与後わずか1週間でFDG PET/CT検査が治療奏効を予測か

米国がん学会(AACR)ペムブロリズマブの単回投与後のFDG PET/CT画像が生存期間延長と相関する腫瘍の代謝変化を示す 

ペムブロリズマブ(販売名:キイトルーダ)の投与を受けた進行メ...
MDアンダーソンによるASCO2023発表の画像

MDアンダーソンによるASCO2023発表

MDアンダーソンがんセンター(MDA)急性リンパ性白血病(ALL)、大腸がん、メラノーマ、EGFRおよびKRAS変異に対する新規治療、消化器がんにおける人種的格差の縮小を特集
テキサス大...