2011/09/06号◆コメンタリー【動画】「インサイドNCI-放射線研究についてDr. Norm Coleman氏は語る」

同号原文

NCI Cancer Bulletin2011年9月06日号(Volume 8 / Number 17)

日経BP「癌Experts」にもPDF掲載中~

PDFはこちらからpicture_as_pdf

____________________

____________________

◇◆◇ コメンタリー ◇◆◇

【動画】「インサイドNCI/放射線研究について Dr. Norm Coleman氏は語る」

NCI「放射線研究プログラム」統括研究者であるDr. Norm Coleman氏が、同プログラムの活動と新たな取り組みについて語ります。

日本語版動画URLはこちら

******
野中 希 訳
中村 光宏(医学物理/京都大学大学院 医学研究科 放射線腫瘍学・画像応用治療学) 監修 
******

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

がん治療に関連する記事

一部の転移性固形腫瘍に免疫細胞療法が有効な可能性の画像

一部の転移性固形腫瘍に免疫細胞療法が有効な可能性

新たな細胞免疫療法が転移性固形腫瘍の治療に有効である可能性が、小規模臨床試験の初期所見で示された。この臨床試験では、米国国立衛生研究所(NIH)の研究者らが、各患者の正常な白血球(リン...
がんサバイバーの声で抗がん剤の投与量を再検討の画像

がんサバイバーの声で抗がん剤の投与量を再検討

2019年、転移性乳がんに対する2回目の放射線治療を終えたKimberlyに対して、腫瘍医は分子標的薬パルボシクリブ(販売名:イブランス)を推奨用量である1日125 mgで投与を開始し...
AIツールで免疫療法薬へのがん患者の反応を予測の画像

AIツールで免疫療法薬へのがん患者の反応を予測

概要米国国立衛生研究所(NIH)の研究者らは概念実証研究において、単純な血液検査などの日常的な臨床データを使用して、患者のがんが免疫チェックポイント阻害薬(免疫細胞によるがん細...
患者に合う抗がん剤をより正確に選択できるAIツールを開発の画像

患者に合う抗がん剤をより正確に選択できるAIツールを開発

AIモデル RNA   バルクシーケンシング シングルセルシーケンシング トランスクリプトミクス