がん研究開発を加速する

日本語動画のURL:https://youtu.be/e00elbH9xWU

米国国立がん研究所(NCI)が制作した動画に、一社)日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT/ジャムティ)が日本語字幕を付けたものです。
◆─────────────────◆
NCIは、個々の研究者や医療施設に資金と資源を提供し、がん患者のケアや新しいがん治療法やがん予防法の開発を担う国の医療施設を指導し、特に難度の高い分野での研究を実施することにより、国家がん計画(National Cancer Program)をコーディネイトし、支援しています。がんの研究開発は、がん細胞の生物学から大規模試験まで多様な分野にわたる多様な種類の研究(基礎研究、橋渡し研究、臨床研究など)に支えられています。研究の種類や分野を問わず、優れた研究と科学者を支援することがNCIにとって最も重要なことです。この動画をご覧になり、がん研究開発の加速について、知識を深めてください。

https://www.cancer.gov/news-events/ca…

http://www.cancer.gov/driving-discovery
◆─────────────────◆

元動画掲載日

日本語版公開日

翻訳担当者 ジャムティ翻訳チーム

字幕指導寺田真由美

監修 佐々木裕哉(白血病/MDアンダーソンがんセンター)

【免責事項】
当サイトの記事は情報提供を目的として掲載しています。
翻訳内容や治療を特定の人に推奨または保証するものではありません。
ボランティア翻訳ならびに自動翻訳による誤訳により発生した結果について一切責任はとれません。
ご自身の疾患に適用されるかどうかは必ず主治医にご相談ください。

がん医療に関連する記事

遠隔診療で節約できるがん患者の時間と費用の画像

遠隔診療で節約できるがん患者の時間と費用

COVID-19パンデミック以降、多くのがん患者が医師の遠隔診療を受けるようになった。遠隔診療は対面での診察と比較すると、がん患者の移動などの時間と費用を節約できる可能性があることが、新たな研...
欧州ESMO、臨床試験に新たなQOLチェックリストを導入の画像

欧州ESMO、臨床試験に新たなQOLチェックリストを導入

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)は、がん医療の臨床的有用性を評価するための検証された、再現性のあるツールESMO-MCBS(Magnitude of Clinical Benefit Scale)...
米保険会社の事前承認制は治療遅延などの弊害をもたらす―腫瘍内科医が回答の画像

米保険会社の事前承認制は治療遅延などの弊害をもたらす―腫瘍内科医が回答

米国臨床腫瘍学会(ASCO)調査によりがん治療に対する事前承認の悪影響が明らかに事前承認(診療前の保険会社による保険適否審査)制度ががん患者に悪影響を及ぼしていることが米国臨床腫瘍学会...
新型コロナウイルスワクチンは、がん免疫療法中でも安全の画像

新型コロナウイルスワクチンは、がん免疫療法中でも安全

ある種の免疫療法薬で治療を受けているがん患者は、免疫関連の副作用のリスクを増加させることなくmRNAコロナウイルスワクチンの接種を受けられることが、新たな研究から示唆された。この結果は、以前に行われた小規模な研究の結果と一致している。 今回