[ 記事 ]

FDAが大腸がんにツカチニブ+トラスツズマブ併用療法を迅速承認

2023年1月19日、米国食品医薬品局(FDA)は、フルオロピリミジン、オキサリプラチン、イリノテカンベースの化学療法後に進行したRAS遺伝子野生型かつHER2陽性の切除不能または転移性の大腸がんに対し、ツカチニブ[tucatinib](販売名:TUKYSA、Seagen Inc.社)とトラスツズマブの併用療法を迅速承認した。

有効性は、非盲検多施設共同試験であるMOUNTAINEER試験(NCT03043313)の患者84人において評価された。患者は、HER2陽性、RAS遺伝子野生型、切除不能または転移性の大腸がんを有し、フルオロピリミジン、オキサリプラチン、イリノテカンおよび抗血管内皮増殖因子(VEGF)モノクローナル抗体(mAb)による治療歴があることが条件とされた。ミスマッチ修復機能欠損(dMMR)タンパク質、または高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)の腫瘍を有する患者は、抗プログラム細胞死タンパク質-1 mAbの投与も受けていることが条件とされた。HER2標的療法による治療歴のある患者は除外された。

患者には、ツカチニブ300 mgを1日2回経口投与し、トラスツズマブ(または米国以外で承認されたトラスツズマブ製剤)を第1サイクルの1日目に負荷用量として8 mg/kgを静脈内投与、その後の21日間の各サイクルの1日目にトラスツズマブ6 mg/kgの維持用量を投与した。患者は、病勢進行または許容できない毒性が現れるまで治療を継続した。

有効性主要評価項目は、盲検下独立中央判定(RECIST第 1.1版)による奏効率(ORR)と奏効期間(DOR)であった。ORRは38%(95%CI:28、49)、DORの中央値は12.4カ月(95%CI:8.5、20.5)であった。

最も多くみられた(20%以上)有害事象は、下痢、疲労、発疹、嘔気、腹痛、輸液関連反応、発熱であった。最も多くみられた臨床検査値異常(20%以上)は、クレアチニン増加、血糖増加、ALT増加、貧血、AST増加、ビリルビン増加、アルカリフォスファターゼ増加、リンパ球減少、アルブミン減少、白血球減少およびナトリウム減少であった。

ツカチニブの推奨用量は、トラスツズマブとの併用で300 mg 1日2回経口投与であり、疾患進行または許容できない毒性が認められるまで継続する。

Tukysaの全処方情報はこちらを参照。

 

監訳:中村 能章(消化管悪性腫瘍/国立がん研究センター東病院)

翻訳担当者星野 恭子

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事