[ 記事 ]

赤血球生成刺激剤(ESA)-(エポエチンアルファ(市販名プロクリット〔Procrit〕、エポジェン〔Epogen〕、ダーベポエチンアルファ(市販名アラネスプ〔Aranesp〕)    

腫瘍医、その他の医療従事者向け

原文

2008年7月31日 FDAは赤血球産生刺激因子(ESA)の処方情報の「枠囲警告」の一部、および「適応と用法」(Indications and Usage)「用量と投与法」(Dosage and Administration)セクションへの修正を医療者に通達した。今回の変更箇所は、癌患者に対するESA製剤使用についてFDAが承認した条件を明確にした点と、用量に関する指示の部分でESA治療を開始すべきヘモグロビン値を改訂したことである。ESA製剤を治癒を期待して骨髄抑制療法を受けている患者に対して投与しないという処方情報の追加改定、およびESA投与の開始もしくは中止時期に関しては今後通知される予定である。FDAは引き続き、ESA製剤による治療を開始、継続する前に、医療者と患者がESA製剤によるメリットとともに、報告されている血栓症のリスクが進行や再発までの期間や生存期間までも短縮させる可能性があることについて話し合うよう勧めている。 [July 30, 2008 – Follow Up to Ongoing Safety Review – FDA] Previous MedWatch Alerts: [03/12/2008]

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事