腫瘍壊死因子‐α(TNF阻害剤)、Cimzia (certolizumab pegol), Enbrel (etanercept), Humira (adalimumab), and Remicade (infliximab) | 海外がん医療情報リファレンス

腫瘍壊死因子‐α(TNF阻害剤)、Cimzia (certolizumab pegol), Enbrel (etanercept), Humira (adalimumab), and Remicade (infliximab)

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

腫瘍壊死因子‐α(TNF阻害剤)、Cimzia (certolizumab pegol), Enbrel (etanercept), Humira (adalimumab), and Remicade (infliximab)

リュウマチ、消化器疾患、感染症専門医、その他の医療従事者向け

原文

2008年9月4日 FDAは、腫瘍壊死因子‐α(TNF阻害剤)使用中の患者において肺および播種性ヒストプラズマ症、コクシジオイデス症、ブラストミセス症その他の日和見感染症が常に認知されているわけではない旨を医療従事者に通知した。それにより、適切な処置が遅れることとなり、時に死亡にまでつながる結果となった。TNF阻害剤を使用中で、発熱、不快感、体重減少、発汗、咳、dypsnea、肺浸潤などの真菌感染症の徴候や症状他の重篤な全身性疾患が随伴性ショックと共に、または伴わずにみられる場合、医療者は患者が常在性真菌症の地域に住んでいるか、または行ったことがあるか確認しなければならない。臨床医は、ヒストプラズマ症または他の侵襲的な真菌感染症のリスクがある患者に対して、病原体が同定されるまで経験的抗真菌治療をおこなうことを検討すべきである。 [September 4, 2008 – Information for Healthcare Professionals – FDA] [September 4, 2008 – Press Release – FDA] Previous MedWatch Alerts: [June 3, 2008]

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  2. 2光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅
  3. 3非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  4. 4COX-2阻害薬と抗PD1免疫療法薬併用でIDO1発...
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8がん治療の悪心・嘔吐管理に関するASCOガイドライン...
  9. 9ペムブロリズマブ、欧州にて局所進行・転移性尿路上皮が...
  10. 10CDK4/6阻害薬に耐性を示す乳がんが複数出現

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他