[ 記事 ]

FDA、フェンタニル・パッチに関する公衆衛生勧告を発動

FDA STATEMENT
2005/7/15

疼痛管理用の強力な麻薬製剤である経皮的フェンタニル・パッチを使用した患者の死亡例が報告されたことを受け、FDAは本日パッチの安全使用に関して公衆衛生勧告を発動した。さらに患者向け情報冊子および医療関係者に対する警告を発行し、フェンタニル経皮的パッチの使用に関する安全性に対する重要な警告を明らかにした。安全性に関する注意事項については過剰服用の際の症状、適切なパッチ貼付方法、パッチ使用中の他の薬剤の使用、小児に対する安全措置および適切な保管・廃棄についての患者教育が含まれるがこれに限定しない。 FDAはパッチ使用に関する死亡例について調査中である。報告された有害事象がパッチの不適切な使用と関連するものなのかあるいは製品の質に関連する要因なのかどうかを判断するため、FDAは製品の使用状況についても調査中である。患者および医療関係者の一部はこういった強力な麻薬製剤の危険性や安全使用に関する重要な勧告について十分に知らない可能性がある。

FDAはフェンタニル・パッチの製造会社と綿密に連絡を取りパッチの使用に関連するリスクを十分に評価し、患者が誤ってフェンタニルを過剰服用することがないようにする計画を模索中である。

詳しい情報については下記のサイトを参照。http://www.fda.gov/cder/drug/infopage/fentanyl/default.htm.

(エリザベス 訳・林 正樹(血液・腫瘍科) 監修)

 

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事