[ 記事 ]

消化器がんシンポジウム2019ー消化器がん注目の研究5選

肝臓がん、食道がん、大腸がんおよび結腸がんの治療と管理に関する新たなアプローチについて5つの重要な研究が、ASCO消化器がんシンポジウム2019(2019年1月17-19日、カリフォルニア州サンフランシスコ、モスコーン・ウェストビル)で発表される。

下記の研究に関する消化器がん専門医のコメントが可能。

アブストラクト5
局所進行食道および胃食道接合部(GEJ)の腺がんに対するtrimodality(手術、放射線治療、薬物療法の3つを組み合わせた治療)治療後のデュルバルマブの安全性と有効性:Big Ten Cancer Research Consortium研究の初期段階での有効性の結果。

アブストラクト350
体幹部定位放射線治療を受けた早期肝細胞がん:北米の2つの研究機関によるプール解析。

アブストラクト480
大腸がん肝転移のR0/R1切除術(LICC)後のtecemotide(L-BLP25)を用いた術後補助免疫療法のランダム化二重盲検プラセボ対照の多施設第2相臨床試験:最終結果。

アブストラクト482
腹膜への転移の可能性が高い結腸がん患者に対する術後補助腹腔内温熱化学療法(HIPEC):COLOPEC多施設ランダム化試験の主要転帰。

アブストラクト484
高リスク病期III大腸がんへの術後補助化学療法S-1/オキサリプラチン(SOX)対UFT/ロイコボリンのランダム化第3相試験:ACTS-CC02試験。

2019年消化器がんシンポジウムニュースプランニングチーム

A. William Blackstock, MD, FASCO, American Society of Clinical Oncology (ASCO); Laura Dawson, MD, FRCPC, FASTRO, American Society for Radiation Oncology (ASTRO); Yanghee Woo, MD, FACS, Society of Surgical Oncology (SSO). 

ニュースプランニングチームの情報開示についてはこちらを参照のこと。

ニュースとして取り上げる場合は、消化器がんシンポジウム2019への帰属を示すこと。

翻訳水町敦子

監修中村能章

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事