世界最大のASCO2017、患者・サバイバーケアの最前線に焦点 | 海外がん医療情報リファレンス

世界最大のASCO2017、患者・サバイバーケアの最前線に焦点

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

世界最大のASCO2017、患者・サバイバーケアの最前線に焦点

米国臨床腫瘍学会(ASCO) ASCO2017

第53回米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会の公式プレスプログラムでは、免疫療法やプレシジョン医療から、がんサバイバーシップに至る分野で、がん予防およびケアの観点にまたがる研究の数々が注目されている。研究成果は、シカゴで6月2日〜6日に開催される年次総会前および期間中に発表される予定である。

 

ASCO2017年次総会のテーマは、『Making a Difference in Cancer Care With You(ともにがんケアの変革を)』である。この会議には世界中のから3万人以上のがん専門医が集まる。

 

年次総会では2,150の演題が採択されており、さらに2,890本以上の演題がオンライン発表として採択されている。これらの演題の大半は、5月17日水曜日、午後5時(東海岸時間)にabstracts.asco.orgに公開される。学会発表に先立ち、6つの重要な演題ハイライトとして、報道規制のあるメディア向けプレス会見が行われる。(最も重要な演題が発表される)プレナリーセッションの演題を含むLBA(Late-Breaking Abstracts)は、年次総会を通して現地で公表され、毎日開催される記者会見で発表される。

 

プレスキャスト –  5月17日(水曜日)、正午(ET)

以下のバーチャルプレスキャストの発表は、5月17日午後5時に公表予定。

● ナッツ摂取と大腸がんの再発および生存との関連性を調査した研究(Abstract 3517)

● 栄養と身体活動を含む健康的なライフスタイルが大腸がんの生存に及ぼす影響を評価する解析(Abstract 10006)

● EGFR変異を有する非小細胞肺がん患者に対する術後ゲフィチニブ療法の第3相ランダム化比較試験(Abstract 8500)

● 胆道がん治療に対する術後カペシタビン療法の第3相ランダム化比較試験(Abstract 4006)

● 2013年から2014年に診断された、スクリーニングで検出可能ながんの種類と病期の変化を評価する研究(Abstract 6521)

● 米国の若年成人における、頭頸部がん増加の原因となる口腔内HPV感染の有病率に対するHPVワクチン接種の影響(Abstract 6003)

 

【年次総会で公表される研究】

今日のニュース:6月2日(金)、1:00〜2:00 p.m.(CT)

以下の発表は、午後1:00(CT)に公表予定:

● 生存者のがん再発の恐れを軽減するための心理的介入のランダム化第2相試験の長期結果(Abstract LBA 10000)

● 進行がん患者の苦痛を軽減するための精神療法的介入を探索するランダム化比較試験の結果(Abstract LBA10001)

● 新たにがんと診断された患者のQOLを向上させるためのWebベースのストレス管理プログラムのランダム化比較試験(Abstract LBA 10002)

● 転移がんによる脊髄圧迫患者の単回照射放射線療法と複数回照射を比較する第3相試験の結果(Abstract LBA 10004)

● 小児がん治療による遅発性副作用の30年間の傾向に関する大規模解析-Abstract LBA 10500)

● 精巣腫瘍サバイバーにおけるテストステロン低値および関連する健康障害の発生率を調査した研究(Abstract LBA 10012)

 

今日のニュース、第I部:6月3日(土)、8:00〜9:00 a.m.(CT)

以下の発表は、午前6時30分(CT)に公表予定。

● 乳がんサバイバーの妊娠が再発リスクやその他のがん関連転帰に及ぼす影響を評価する大規模解析の長期結果(Abstract LBA 10066)

● 高リスク転移性前立腺がんと新たに診断された患者に対する一次治療としてのアンドロゲン枯渇療法にアビラテロンを上乗せする第3相ランダム化比較試験の結果(Abstract LBA3、プレナリーセッション)

● 高リスクの局所進行または転移性前立腺がん患者に対する一次治療としてアンドロゲン枯渇療法にアビラテロンを上乗せする大規模第3相ランダム化比較試験の結果(Abstract LBA 5003)

 

今日のニュース、第2部:6月3日(土)、11:00〜12:00(CT)

以下の発表は、午前6時30分(CT)に公表予定

● 成人と子供の両方のさまざまながんに対する治療としてトロポミオシンレセプターキナーゼ(TRK)阻害剤であるラロトレチニブの研究(Abstract LBA 2501)

● 進行乳がん、肺がん、前立腺がんにおける遺伝子変異を検出するための新たな循環腫瘍DNA血液検査(「リキッドバイオプシー」)の有効性を評価する研究結果(Abstract LBA 11516)

● 治療方針決定のために日常的なゲノムスクリーニングを受けている進行がん患者の大規模研究の結果(Abstract LBA 100)

 

今日のニュース:6月4日(日)午前8:00〜9:00午前(CT)

以下の発表は、午前6時30分(CT)に公表予定。

● 大腸がんの術後補助療法としてオキサリプラチンベースの化学療法の3カ月 vs 6カ月間を検討した6つの第3相臨床試験のプール解析(Abstract LBA1、プレナリーセッション)

● 化学療法中にオンラインで自己報告された症状モニタリングの全生存に対する影響を評価する、大規模ランダム化臨床試験の結果(Abstract LBA2、プレナリーセッション)

● BRCA関連進行乳がんの女性に対するPARP阻害剤オラパリブと標準化学療法を評価する第3相試験の結果(Abstract LBA4、プレナリーセッション)

 

今日のニュース:6月5日(月)、8:00〜9:00 a.m。(CT)

以下の発表は、午前6時30分(CT)公表予定。

● 再発多発性骨髄腫の治療のための新しいタイプのCAR-T細胞療法の臨床試験(Abstract LBA 3001)

● 稀なタイプの肺がんである再発中皮腫患者に対する、ニボルマブと、ニボルマブ+イピリムマブ療法を比較する第2相ランダム化比較試験(Abstract LBA 8507)

● HER2陽性早期乳がん患者に対する術後補助療法としてトラスツズマブ+化学療法にペルツズマブの上乗せを検討する大規模第3相試験の結果(Abstract LBA 500)

● EGFR陽性進行非小細胞肺がんの初回治療における第2世代EGFR阻害剤ダコミチニブ対ゲフィチニブの第3相ランダム化比較試験(Abstract LBA 9007)

● ALK陽性の進行非小細胞肺がんの一次治療において、アレクチニブとクリゾチニブを比較する第III相臨床試験(Abstract LBA 9008)

 

原文掲載日

翻訳野中希

監修下村昭彦(乳腺腫瘍内科/国立がんセンター中央病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅
  2. 2夜勤が損傷したDNAを修復する能力の低下と関連
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチ...
  6. 6ペムブロリズマブ+標準術前化学療法は高リスク乳がんの...
  7. 7非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  8. 8若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  9. 9CAR-T細胞免疫療法、難治性リンパ腫に完全寛解
  10. 10コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他