[ 記事 ]

NIH補助金減額の大統領予算案に反対、ASCO会長が声明

ASCO会長であるDaniel F. Hayes医師による声明

 

われわれは、米国国立衛生研究所(NIH)から60億ドルを削減するトランプ大統領の予算概要に強く反対する。NIH財政支出を20%近くも減額することは、わが国の既に脆弱な連邦政府の研究基盤を壊滅させ、がん予防、診断および治療の進歩を加速してきた生物医学に対する長年にわたる取り組みを打ち砕くものである。

 

がん治療における驚異的な進歩の最前線にある今、米国は、国民の数百万人に及ぶ致死性疾患患者とその家族を救う研究において、時代に逆行することはできない。米国の研究基盤を骨抜きにすることは、米国を第一にするのではなく、科学の進歩において諸外国の後塵を拝する事態に至らせるのは間違いない。歴史がある米国の研究投資を促進しないことは、医療効果、科学面における主導権および経済成長を危うくするものである。

 

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、削減案の否決、および、NIHと米国国立がん研究所(NCI)に対する連邦政府の補助金増額を議会に呼びかける。

 

われわれは、昨年6月に上院歳出委員会を通過したNIHへの財政支出341億ドルを含む2017会計年度支出法案の最終決定に向けて、国会議員と連携する用意をしている。さらにわれわれは、ボー・バイデンがん撲滅プロジェクトのための21世紀治療法案に含まれる資金に加えて、2018会計年度におけるNIH予算の大幅増額を含む予算方針を継続するよう、議会に呼びかける。

 

現在は、がん患者のための新規の治療および治癒方法の発見に向けた進歩を遅らせる時ではない。実際には、財政支援の頭打ちが10年以上続き、わが国の生物医学研究基盤は、現在の科学の可能性に対応するために、今後も持続的増加を取り戻さなければならない。

翻訳木下秀文

監修辻村信一(獣医学/農学博士、メディカルライター)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事