初のがん免疫シンポジウム、免疫腫瘍学注目の演題 | 海外がん医療情報リファレンス

初のがん免疫シンポジウム、免疫腫瘍学注目の演題

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

初のがん免疫シンポジウム、免疫腫瘍学注目の演題

米国臨床腫瘍学会(ASCO) 臨床免疫腫瘍学シンポジウム2017

2017年米国臨床腫瘍学会・がん免疫学会(ASCO-SITC)臨床免疫腫瘍学シンポジウム(2017 ASCO-SITC Clinical Immuno-Oncology Symposium)で、免疫腫瘍学における臨床研究およびトランスレーショナルリサーチならびにそれらの患者ケアへの影響に関する7件の演題が発表される。この会議はフロリダ州オーランドのハイアットリージェンシーオーランドで2月23~25日に開催される。これらの注目すべき演題は、免疫療法を受けた患者の応答と転帰の評価および予測について新たな考察を提供している。

 

以下の試験に関する免疫腫瘍学の専門家からのコメントを、会場で聞くことができる。

 

抄録1

ペムブロリズマブに対する応答予測因子としての突然変異荷重(ML)およびT細胞炎症微小環境

口頭抄録セッションB
2017年2月24日(金)午後1時〜午後1時10分(米国東部標準時)
ハイアットリージェンシーオーランド、ウィンダミア大会議室、会議室フロア
Razvan Cristescu氏 Merck & Co., Inc.社 ニュージャージー州、ケニルワース

 

抄録3

個々のメラノーマ(悪性黒色腫)転移巣において顕著な組織常在性のメモリー細胞の表現型を有する特徴的な主要なT細胞受容体

口頭抄録セッションB
2017年2月24日(金)午後1時30分〜午後1時40分(米国東部標準時)
ハイアットリージェンシーオーランド、ウィンダミア大会議室、会議室フロア
Kavita M. Dhodapkar医師 イェール大学 コネチカット州、ニューヘブン

 

抄録35

9種の固形がんにおける免疫チェックポイント療法に対する応答バイオマーカーとしての突然変異荷重

ポスターセッションB
2017年2月24日(金)午前11時30分〜午後1時(米国東部標準時)
2017年2月24日(金)午後5時30分〜午後6時30分(米国東部標準時)
ハイアットリージェンシーオーランド、リージェンシー大会議室、サロンU、会議室フロアShridar Ganesan医学博士 ラトガースがん研究所(Rutgers Cancer Institute of New Jersey)
ニュージャージー州、ニューブランズウィック

 

抄録77

PD-L1を発現している既治療の非小細胞肺がんで、KEYNOTE-001および-010試験においてペムブロリズマブを投与された患者の長期生存率の推定

一般セッション3

2017年2月23日(木)午後4時15分〜午後4時25分(米国東部標準時)
ハイアットリージェンシーオーランド、ウィンダミア大会議室、会議室フロア
Matthew David Hellmann医師 スローンケタリング記念がんセンターおよびウェイル・コーネル医科大学 ニューヨーク州、ニューヨーク

 

抄録78

ペムブロリズマブと腫瘍内プラスミドインターロイキン12(pIL-12)の併用で治療した3/4期メラノーマ患者の免疫モニタリングの結果

一般セッション3
2017年2月23日(木)午後4時25分~午後4時35分(米国東部標準時)
ハイアットリージェンシーオーランド、ウィンダミア大会議室、会議室フロア
Alain Patrick Algazi医師
カリフォルニア大学サンフランシスコ校メディカルセンター(マウントザイオン)
カリフォルニア州、サンフランシスコ

 

抄録111

抗GD2抗体ch14.18/CHOの長期投与を受けた神経芽細胞腫患者の生存率と、キラー細胞Ig様受容体(KIR)遺伝子型およびFcγ受容体多型

口頭抄録セッションC
2017年2月25日(土)午前10時15分〜午前10時25分(米国東部標準時)
ハイアットリージェンシーオーランド、ウィンダミア大会議室、会議室フロア
Holger N. Lode氏 グライフスヴァルト大学医学部 ドイツ、グライフスヴァルト

 

抄録138

転移メラノーマに対して腫瘍浸潤リンパ球を用いた養子細胞療法を実施する前のチェックポイント阻害の影響:MDアンダーソンがんセンターの最新情報

口頭抄録セッションA
2017年2月23日(木)午後1時10分〜午後1時20分(米国東部標準時)
ハイアットリージェンシーオーランド、ウィンダミア大会議室、会議室フロア
Marie-Andree Forget博士 
テキサス大学MDアンダーソンがんセンター テキサス州、ヒューストン

 

2017年ASCO-SITC臨床免疫腫瘍学シンポジウム ニュースプランニングチーム

Lynn Mara Schuchter医師(米国臨床腫瘍学会フェロー(FASCO)、米国臨床腫瘍学会(ASCO))、Steven J. O’Day医師(米国臨床腫瘍学会(ASCO))、Lisa H. Butterfield博士(米国がん免疫学会(SITC))、Roy S. Herbst医学博士(米国がん免疫学会(SITC))

 

ニュースプランニングチームの情報開示についてはこちらを参照のこと。

 

ニュース報道への引用には、2017年ASCO-SITC臨床免疫腫瘍シンポジウムへの帰属を明示のこと。

原文掲載日

翻訳会津麻美

監修榎本 裕(泌尿器科/三井記念病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1がんの転移
  2. 2FDAが特定の遺伝子特性を有するあらゆる固形がんにペ...
  3. 3光免疫療法:近赤外線でがん細胞が死滅
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  6. 6OncoLog 2015年8月号◆BCG不応性膀胱が...
  7. 7乳がん術前化学療法後に完全奏効(pCR)の患者では局...
  8. 8コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  9. 9BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  10. 10放射線照射後の頭頸部がん再発は腫瘍のPD-L1高発現...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他