デュロキセチンが初期乳がん治療時の関節痛を緩和 | 海外がん医療情報リファレンス

デュロキセチンが初期乳がん治療時の関節痛を緩和

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

デュロキセチンが初期乳がん治療時の関節痛を緩和

NCI(米国国立がん研究所)ブログ~がん研究の動向~

ランダム化比較試験の結果、早期乳がん治療を受けている女性の中には、抑うつ治療に通常用いられる薬剤により関節痛も緩和される可能性があることが示された。

 

早期乳がん治療後、がんの再発リスクを低減させる目的で、アロマターゼ阻害剤として知られる薬剤を服用する閉経後女性は多い。しかし、こうした薬剤は、女性らに著しい関節痛と筋肉痛を引き起こすことがある。

 

本臨床試験では、デュロキセチン(サインバルタ)により、アロマターゼ阻害薬に関連する痛みが多少改善 したことが明らかになった。デュロキセチンは、糖尿病により引き起こされる繊維筋痛および神経痛だけでなく、抑うつおよび不安感の治療の用途で承認されている。

 

「一部の患者は、関節痛および筋肉痛のために、これらの命を救う薬剤による治療の中断に至る可能性がある」と、本試験の主導医師でありHuntsman Cancer Instituteに所属するN. Lynn Henry氏(医学博士)は語った。 同氏は「本試験の結果に基づくと、この痛みを感じる一部の患者に対し、デュロキセチンは有効な薬剤であると思われる」とも語った。

 

Henry氏は、12月9日にサンアントニオ乳癌シンポジウムで本試験の知見を発表した。NCIが支援する臨床試験グループであるSWOGが本試験を主導した。

 

新たな方策が必要である

 

ヒトの身体はアロマターゼと呼ばれる酵素を利用してエストロゲンを産生している。この酵素の作用を阻害する薬剤はアロマターゼ阻害薬と呼ばれており、エストロゲンによって乳房腫瘍が増大する閉経後女性のがん再発リスクを低減させることが知られている。

 

しかし、これらの薬剤を服用している患者の多くは、膝、股関節部、手、手首に痛みを感じ、これにより日常的な作業が困難になることがある。Henry氏によると、患者の約20%が副作用のためにアロマターゼ阻害薬の服用を中断する。患者は、一般に、5〜10年間のアロマターゼ阻害薬の服用を推奨される。このために、これらの副作用を管理する新たな方策が必要であると、同氏は指摘する。

 

このデュロキセチンに関する試験では、米国全土にあるNCI Community Oncology Research Program(NCORP) の43施設で女性 299人が登録された。参加者はアロマターゼ阻害薬を用いた早期乳がんの治療を受けており、治療による関節痛が認められた。参加者は12週間のデュロキセチンあるいはプラセボいずれかの投与に無作為に割り付けられた。

 

参加者は試験開始時に、関節痛、抑うつ、およびQOLに関する質問票に回答し、その後2、6、12、24週間後に繰り返し回答した。痛みに関する質問票は、0~10 段階評価を採用した。研究者は、患者の疼痛スコアが試験参加時から2ポイント以上低下することを、臨床的に有意な痛み(平均)の変化と定義した。

 

デュロキセチンおよびプラセボは痛みを緩和する

 

試験開始後12週間に、デュロキセチン群女性の疼痛スコアの低下は、プラセボ群女性よりも平均0.82ポイント大きかった。最も強い痛み、関節痛、こわばりなど、疼痛スコア以外の指標の低下も同程度であった。

 

デュロキセチン群の平均疼痛スコアは、ベースライン時の5.44から12週の時点には2.91に低下した。しかしプラセボ群でも、同期間に平均スコアが5.49から3.45と低下した。試験基準によると、両群のスコア低下は臨床的に有意であった。

 

対照群でプラセボ効果が強いという知見を少しは予測していたことをHenry氏は認めた。理由は明らかではないものの、痛みの治療に関する他の試験も同様なプラセボ効果が報告されていたのだ。プラセボへの反応性に関し、「さらなる試験が必要であることが本試験により明らかになった」と同氏は語る。

 

12週までに、デュロキセチン群の患者の69%、およびプラセボ群の患者の60%で、治療開始前と比較して疼痛スコアが2ポイント改善した。患者がデュロキセチンあるいはプラセボの服用を中止してから12週間後の24週の時点では、平均疼痛スコアは両群でほぼ同じであった(デュロキセチン群3.37、プラセボ群3.42)。

 

もっともよくみられたデュロキセチンの副作用は、嘔気、倦怠感、および口渇であった。このことは、本剤に関する他の試験の結果と一致していた。

 

複数の方法を探求する

 

「このデュロキセチンに関する試験結果は非常に有望である」と Ann O’Mara氏(博士)は語った。  同氏はNCIのDivision of Cancer Preventionに所属しており、本試験には参加していなかった。また、「デュロキセチンは、大規模なランダム化臨床試験でこの患者集団に対する有益性が明らかになった最初の薬剤である」とも語った。

 

アロマターゼ阻害薬を服用している患者は、最終的に痛みを管理するため複数の方法が必要となる可能性があることをO’Mara氏は示唆した。痛みを緩和するためにさまざまな方法が研究されているが、その方法にウォーキングなどの運動や鍼灸があることを同氏は指摘した。

 

また、「臨床医はデュロキセチンによって起こり得る副作用について、患者に説明する 必要があるが、本剤により痛みが緩和し、患者の機能性回復に役立つ可能性もある」とO’Mara博士は付け加えた。

関連文献

Extended Adjuvant Therapy Beneficial for Some Women with Breast Cancer

Cancer Pain (PDQ)–Patient Version

原文掲載日

翻訳三浦恵子

監修下村昭彦 (乳腺・腫瘍内科/国立がん研究センター中央病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2進行肺がんの一次治療デュルバルマブ、第3相MYSTI...
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4がんに対する標的光免疫療法の進展
  5. 5ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  6. 6専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  7. 7BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  8. 8低腫瘍量の濾胞性リンパ腫では、再燃後リツキシマブ再治...
  9. 9手術後に放射線治療を受けない非浸潤性乳管がん患者の長...
  10. 10ペムブロリズマブ、古典的ホジキンリンパ腫にFDA迅速...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他