遺伝性大腸がんーOncoLog2016年10月号 | 海外がん医療情報リファレンス

遺伝性大腸がんーOncoLog2016年10月号

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

遺伝性大腸がんーOncoLog2016年10月号

MDアンダーソンがんセンター MDアンダーソンがんセンター月刊OncoLog誌

MDアンダーソン OncoLog 2016年10月号(Volume 61 / Issue 10)

 Oncologとは、米国MDアンダーソンがんセンターが発行する最新の癌研究とケアについてのオンラインおよび紙媒体の月刊情報誌です。最新号URL

 

遺伝性大腸がん

35歳以下の大腸がん患者の3分の1以上は遺伝性

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究により、大腸がんの診断を受けた思春期および若年成人の3分の1以上が、遺伝性のがんであることが明らかになった。

 

50歳未満の人の大腸がんが増えている状況下で発表された本研究の知見は、こうした患者に対する遺伝子カウンセリングの必要性を強調する結果となった。

 

このレトロスペクティブ(後ろ向き)研究は、この種の研究としては最大規模で、2009年から2013年までにMDアンダーソンで遺伝子カウンセリングを受けた35歳以下の大腸がん患者、約200人のデータを評価した。

 

「3分の1以上である35%の患者が、遺伝性の大腸がんでした。過去の文献では、大腸がん患者の中で、遺伝性の大腸がんが発生する頻度は5%でしかないと報告されていたので、これは驚きでした」と、本研究の上席著者で、臨床がん予防部門助教のEduardo Vilar-Sanchez医学博士は述べた。

 

本研究で遺伝性大腸がんだった大部分の患者はリンチ症候群(45人)または、家族性ポリポーシス(16人)だった。リンチ症候群における大腸がんの生涯リスクは最大で80%に達する。また家族性ポリポーシスだとスクリーニング検査、サーベイランス、予防措置をとらなければ、ほぼ確実に大腸がんを発症する。

 

「遺伝性がんの診断は、より多くの人に影響してきます。家族に対する診断にもなるからです」と、Vilar-Sanchez医師は言う。「家族も遺伝子検査を受ける必要があります。遺伝子変異の診断を受けたら、サーベイランスとスクリーニング検査をしていく必要があります」。また本研究に参加した遺伝性大腸がん患者の多くが、家族の中ではじめて遺伝性症候群の診断を受けたことも留意点であると、Vilar-Sanchez医師は言う。加えて、遺伝性大腸がん患者のうち13人は生殖細胞系列変異で、家族にはがん既往歴がなかった。本研究の知見は、35歳以下で大腸がんの診断を受けた患者は、家族のがん既往歴にかかわらず遺伝性がん症候群に関する遺伝子カウンセリングを受けるべきであることを示唆している。

 

本研究ではさらに、遺伝性大腸がんの患者は非遺伝性大腸がんの患者と比較して、左側の腫瘍、転移性がん、未分化型腫瘍、印環細胞腫瘍などに特徴づけられる侵襲性の強いがんは少ない傾向にある。リンチ症候群患者の腫瘍の病理学的特性は、家族性大腸ポリポーシス患者と大きな違いはなく、遺伝性症候群を持つ患者間では、こうした違いは見られないと、Vilar-Sanchez医師は述べた。

 

本研究から得た知見の主なポイントは、35歳以下の大腸がん患者に対しては、遺伝性がんを疑うべきということである。

 

「大腸がんを扱う医師のほとんどは、いつかの時点で遺伝性の大腸がん患者の治療をすることになるでしょう。遺伝性大腸がんの場合は、それに応じたケアと患者の家族への影響についても考える必要があるのです」と、Vilar-Sanchez医師は話した。

 

For more information, contact Dr. Eduardo Vilar-Sanchez at 713-563-4743.

 

Further reading

 

Mork ME, You YN, Ying J, et al. High prevalence of hereditary cancer syndromes in adolescents and young adults with colorectal cancer. J Clin Oncol. 2015;33:3544–3549.

 

Dineen S, Lynch PM, Rodriguez Bigas MA, et al. A prospective Six Sigma quality improvement trial to optimize universal screening for genetic syndrome among patients with youngonset colorectal cancer. J Natl Compr Canc Netw. 2015;13:865–872.

 

—–Joe Munch

 

 

 

 

The information from OncoLog is provided for educational purposes only. While great care has been taken to ensure the accuracy of the information provided in OncoLog, The University of Texas MD Anderson Cancer Center and its employees cannot be held responsible for errors or any consequences arising from the use of this information. All medical information should be reviewed with a health-care provider. In addition, translation of this article into Japanese has been independently performed by the Japan Association of Medical Translation for Cancer and MD Anderson and its employees cannot be held responsible for any errors in translation.
OncoLogに掲載される情報は、教育的目的に限って提供されています。 OncoLogが提供する情報は正確を期すよう細心の注意を払っていますが、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターおよびその関係者は、誤りがあっても、また本情報を使用することによっていかなる結果が生じても、一切責任を負うことができません。 医療情報は、必ず医療者に確認し見直して下さい。 加えて、当記事の日本語訳は(社)日本癌医療翻訳アソシエイツが独自に作成したものであり、MDアンダーソンおよびその関係者はいかなる誤訳についても一切責任を負うことができません。

原文掲載日

翻訳片瀬ケイ

監修畑 啓昭(消化器外科/京都医療センター)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1がんに対する標的光免疫療法の進展
  2. 2アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  9. 9非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他