リボシクリブがHER2陰性乳がんのFDA画期的治療薬に | 海外がん医療情報リファレンス

リボシクリブがHER2陰性乳がんのFDA画期的治療薬に

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

リボシクリブがHER2陰性乳がんのFDA画期的治療薬に

欧州臨床腫瘍学会(ESMO) プレスリリース

 

ホルモン受容体陽性/HER2陰性進行性乳がんに対する一次治療薬として検討

 

ノバルティス社は2016年8月3日、ホルモン受容体陽性/ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)陰性の進行性または転移性乳がんの治療薬であり、レトロゾールと併用投与されるLEE011(ribociclib[リボシクリブ])について、米国食品医薬品局(FDA)が「画期的治療薬」に指定したと発表した。LEE011は、選択的サイクリン依存性キナーゼ(CDK4/6)阻害剤である。

 

今回の「画期的治療薬」指定は、進行性疾患に対して治療を受けていない閉経後女性を対象にLEE011をレトロゾールと併用投与した第3相MONALEESA-2試験の良好な成績に主に基づいている。MONALEESA-2試験は、事前に計画された中間解析において、臨床的に意味のある無増悪生存率(PFS)の改善という主要評価項目を達成した。本試験の結果は、今後の医学学会で発表される予定であり、本適応症での使用について欧米やその他の国々での規制議論の的となるであろう。

 

初期乳がん患者のうち最大で3分の1が、後に転移性疾患を発症する。進行性乳がん女性の生存率は、初期乳がん女性よりも低い。5年相対生存率は、ステージIII乳がんでは約72%である一方、転移性ステージIV乳がんでは約22%である。

 

FDAによると「画期的治療薬」指定の目的は、重篤または生命を脅かす疾患を治療できる可能性のある新薬について、臨床的に重要な評価項目がひとつでも既存の治療薬より実質的な改善を認めている場合、開発および審査を迅速に行うことである。この指定には、ファスト・トラック・プログラムの全項目、有効な薬剤開発プログラムに対するより集約的なFDAガイダンスが含まれている。

 

LEE011は、非臨床モデルを用いた試験に供されてきたが、現在、MONALEESA(Mammary Oncology Assessment of LEE011’s Efficacy and Safety)臨床試験プログラムの一部として、内分泌系に作用する薬剤との併用で評価されている。LEE011は現時点でいずれの適応症に対しても販売を承認されていない。

 

MONALEESA-2試験は、第3相ランダム化二重盲検プラセボ対照多施設共同世界的登録試験であり、進行性乳がんに対する治療歴のないホルモン受容体陽性/HER2陰性進行性乳がんの閉経後女性を対象に、LEE011をレトロゾールと併用投与した際の安全性および有効性をレトロゾール単剤投与と比較して評価する。MONALEESA-2試験は、事前に計画された中間解析において、臨床的に意味のあるPFSの改善という主要評価項目を達成し、続けて全生存率を評価している。

 

MONALEESA-3試験は、治療歴がないかまたは一度内分泌療法を最大量受けたことのあるホルモン受容体陽性/HER2陰性進行性乳がんの男性および閉経後女性を対象に、LEE011とフルベストラントとの併用投与をフルベストラント単剤投与と比較して評価する試験である。MONALEESA-3試験の組み入れは完了している。

 

MONALEESA-7試験は、内分泌療法を受けたことのないホルモン受容体陽性/HER2陰性進行性乳がんの閉経前女性を対象に、LEE011と内分泌療法およびゴセレリンとの併用投与を、内分泌療法にゴセレリンのみの投与と比較して評価する試験である。MONALEESA-7試験の組み入れは完了しており、本試験は、進行性乳がんの閉経前/閉経周辺期女性にのみ注目した唯一の第3相試験である。

 

LEE011は、Astex Pharmaceuticals社との共同研究のもと、ノバルティス・バイオメディカル研究所が開発した。

 

ノバルティス社の報道発表には、先進的な報告が含まれている。

 

原文掲載日

翻訳仲里芳子

監修廣田 裕(呼吸器外科、腫瘍学/とみます外科プライマリーケアクリニック)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  9. 9治療が終了した後に-認知機能の変化
  10. 10非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他