抗PD-L1免疫療法+MEK阻害剤が、転移性大腸がんに奏効 | 海外がん医療情報リファレンス

抗PD-L1免疫療法+MEK阻害剤が、転移性大腸がんに奏効

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

抗PD-L1免疫療法+MEK阻害剤が、転移性大腸がんに奏効

欧州臨床腫瘍学会(ESMO) プレスリリース

 

第1相試験において部分奏効を達成し、良好な忍容性を示す

 

抗PD-L1免疫療法は、MEK阻害剤と併用した場合、マイクロサテライト安定転移性大腸がん患者において奏効を達成する可能性があることが、スペイン、バルセロナで開催されたESMO第18回世界消化器がん学会で発表された第1相試験のデータによって示された。

 

「これまで免疫療法は、大腸がん患者のうちわずか5%のマイクロサテライト不安定性が高い患者にしか活性を示しませんでした」と、本試験(1)の試験責任医師である、テネシー州ナッシュビルにあるサラ・キャノン研究所およびTennessee OncologyのJohanna Bendell氏は述べている。

 

マイクロサテライト不安定性が高い大腸がんは、多くの遺伝子変異と関連するため、PD-L1/PD-1阻害剤を用いた免疫療法が奏効しやすい。しかし、転移性大腸がん患者の大多数(約95%)はマイクロサテライト安定であり、これまで免疫療法がほとんど効果を示さなかった。

 

前臨床試験では、MEK阻害剤が、腫瘍内の活性免疫細胞(CD8陽性細胞など)の数を増加させ、また免疫系をより活性化させる因子の発現を増加させることにより、腫瘍に対し免疫療法を奏効しやすくさせることが可能であることが示唆された。 

 

この第1b相試験では、治療歴のある転移性大腸がん患者23人を、MEK阻害剤cobimetinib[コビメチニブ]の用量を漸増して(1日20mg、40mg、60mgを21日間投与後、7日間休薬)治療し、最高用量で患者数を拡大した。またどの治療においても、PD-L1阻害剤atezolizumab[アテゾリズマブ]800mgを2週間に1回静脈内投与した。

 

治療後、4人の患者(17%)で30%以上の腫瘍サイズの縮小、5人の患者(22%)で病勢安定が認められた。奏効期間は4~15カ月超で、部分奏効が認められた患者4人中2人が、データカットオフの時点でも奏効が持続していた。

 

部分奏効が認められた患者のうち3人は、マイクロサテライト安定またはマイクロサテライト不安定性が低く、1人はマイクロサテライトの状態が不明であった。本試験において、マイクロサテライト不安定性が高い患者はいなかった。

 

ベースラインのPD-L1発現状態は、奏効に影響しなかった。また、この併用療法は忍容性が良好であり、治療に関連した重篤な有害事象は報告されなかった。

 

「今回の結果は、この併用療法で期待した作用機序と一致します。これは大腸がん患者の残り95%に免疫療法が奏効するチャンスを与えるうえで有望です」と、Bendell氏は述べている。研究者らはすでに、難治性転移性大腸がん患者を対象とした、併用療法と標準治療とを比較するランダム化第3相試験を開始した。

 

この結果について、「MEK依存性細胞内シグナル伝達の阻害によって、免疫療法に対する転移性大腸がんの感受性が高まる可能性があることが、この重要な第1b相試験によって今初めて示されています」と、ドイツにあるライプツィヒ大学がんセンター(University Cancer Centre Leipzig)所長のFlorian Lordick教授は述べている。

 

「これは、以前は免疫チェックポイント阻害剤の対象とされていなかった患者集団に免疫療法を適用するための第一段階です」と、Lordick教授は述べている。

 

参考文献

1.Abstract LBA-01 – ‘Safety and efficacy of cobimetinib (cobi) and atezolizumab (atezo) in a Phase 1b study of metastatic colorectal cancer (mCRC)’ will be presented by Johanna Bendell during Session I: Opening, Selected Abstracts, and Lectures on Nutrition on Wednesday 29 June, 14:50 (CEST).

原文掲載日

翻訳生田亜以子

監修野長瀬祥兼(腫瘍内科/近畿大学医学部附属病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3個別化医療(Precision Medicine)に...
  4. 4アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  5. 5非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  6. 6専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  7. 7リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  8. 8ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  9. 9アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他