心血管疾患および大腸がんの一次予防としてのアスピリン:USPSTF推奨 | 海外がん医療情報リファレンス

心血管疾患および大腸がんの一次予防としてのアスピリン:USPSTF推奨

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

心血管疾患および大腸がんの一次予防としてのアスピリン:USPSTF推奨

米国予防医学専門委員会(USPSTF)

米国予防医学専門委員会(USPSTF)

心血管疾患および大腸がんの一次予防としてのアスピリンの使用
予防医療 2016年4月

 

対象 推奨事項 グレード
(定義)

10年間の心血

管疾患リスク

が10%以上の

50~59歳の成人

米国予防医学専門委員会(USPSTF)は、10年間の心血管疾患リスクが10%以上、出血リスクが高くなく、10年以上平均余命があり、10年以上毎日低用量アスピリンを服用する意思がある50~59歳の成人に対し、心血管疾患および大腸がんの一次予防のための低用量アスピリンの使用開始を推奨する。

B

10年間の心血

管疾患リスク

が10%以上の

60~69歳の成人

10年間の心血管疾患リスクが10%以上の60~69歳の成人では、心血管疾患および大腸がんの一次予防のために低用量アスピリンの使用を開始するかどうかは、個人の判断に基づくべきである。出血リスクが高くなく、10年以上平均余命があり、10年以上毎日低用量アスピリンを服用する意思がある場合には、利益がある可能性が高い。不利益の可能性よりも利益の可能性を重視する場合は、低用量アスピリンの使用を開始してもよい。

C

50歳未満の成

50歳未満の成人において心血管疾患および大腸がんの一次予防に対するアスピリン使用開始の利益と不利益のバランスを評価する上で、現在のエビデンスは不十分である。

I

70歳以上の成

70歳以上の成人において心血管疾患および大腸がんの一次予防に対するアスピリン使用開始の利益と不利益のバランスを評価する上で、現在のエビデンスは不十分である。

I

アスピリンの用量に関するガイダンスについては「臨床的検討事項」の項を参照のこと。

 

* 米国予防医学専門委員会(USPSTF)は、米国医療研究・品質調査機構(AHRQ)の独立委員会で、検診や予防医療の研究レビューを行って米国政府の推奨グレードを作成します。

 

原文掲載日

翻訳生田亜以子

監修辻村信一(獣医学/農学博士、メディカルライター/メディア総合研究所)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1診療時の腫瘍マーカー検査は不要な可能性
  2. 2ペムブロリズマブが治療歴ある進行再発胃がんに有望
  3. 3非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  6. 6若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8EGFR陽性非小細胞肺がん一次治療にオシメルチニブが...
  9. 9FDAがベバシズマブ-awwbをバイオシミラーとして...
  10. 10緩和ケアにより進行がん患者の医療利用が減少

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他