FDAが造血幹細胞移植後の肝中心静脈閉塞症にdefibrotideを承認 | 海外がん医療情報リファレンス

FDAが造血幹細胞移植後の肝中心静脈閉塞症にdefibrotideを承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDAが造血幹細胞移植後の肝中心静脈閉塞症にdefibrotideを承認

FDA(米国食品医薬品局)

速報

 

米国食品医薬品局(FDA)は本日、造血幹細胞移植(HSCT)(血液または骨髄からの幹細胞の移植)後に、腎臓または肺の障害を伴う肝中心静脈閉塞症(VOD)を発症した成人と小児患者の治療薬として、defibrotide sodium[デフィブロタイド・ナトリウム](商品名:Defitelio)を承認した。

 

本薬剤は、まれで、かつ生命を脅かす肝疾患である重症肝中心静脈閉塞症の治療に対し、FDAが初めて承認した治療薬である。

 

造血幹細胞移植は、ある種の血液がんあるいは骨髄がんの治療のために一部の患者に行われる処置である。造血幹細胞移植の直前に、患者は化学療法を受ける。肝中心静脈閉塞症は化学療法と造血幹細胞移植を受けた患者に発現することがある。肝中心静脈閉塞症は肝臓の静脈が一部閉塞する疾患で、腫脹と肝臓内の血流量減少の原因となり、肝障害に至る可能性がある。最も重症の肝中心静脈閉塞症では、患者は腎不全や肺不全を発症する可能性もある。造血幹細胞移植後に重症肝中心静脈閉塞症を発症する患者は2%未満だが、重症肝中心静脈閉塞症が発症した患者の80%は死に至る。

 

「defibrotide sodiumの承認は、化学療法と造血幹細胞移植を受けた患者にみられる、まれだが多くの場合致命的となるこの合併症を治療するという、移植コミュニティの重要な要求を満たす」とFDA医薬品評価研究センターの血液学・腫瘍製品室長であるRichard Pazdur医師は述べた。

 

Defibrotide sodiumの有効性は、3つの臨床試験(2つの前向き臨床試験と1つの拡大アクセス試験)で治療した528人の患者で調査された。3つの臨床試験に登録された患者は、造血幹細胞移植後に肝臓または腎臓の障害を伴う肝中心静脈閉塞症と診断された。臨床試験では、造血幹細胞移植後100日間生存した患者の割合(全生存率)を評価した。3つの臨床試験では、defibrotide sodiumで治療した患者の38~45%が造血幹細胞移植後100日間生存した。重症肝中心静脈閉塞症で支持療法のみ、またはdefibrotide sodium以外の治療介入を受けた患者の造血幹細胞移植後100日間の全生存率の期待値は、公表された報告と患者レベル・データの分析に基づけば21~31%となる。

 

Defibrotide sodiumにより最もよくみられる副作用としては、異常低血圧(低血圧症)、下痢、嘔吐、悪心、および鼻血(鼻出血)がある。Defibrotide sodiumにより重篤となる可能性があると同定された副作用としては、出血とアレルギー反応がある。Defibrotide sodiumは出血性合併症の患者、あるいは抗凝固剤、または血栓形成能を減少させるその他の薬剤を服用している患者には使用すべきではない。

 

FDAはdefibrotide sodiumを優先審査対象に指定した。これは、重篤または生命を脅かす疾患のある患者に利益をもたらす可能性を踏まえて、ある種の医薬品の開発、審査を容易かつ迅速に行う制度である。Defibrotide sodiumは、希少疾病用医薬品にも指定された。これは、税控除やユーザーフィー(訳者注:新薬審査に必要であるとして当の製薬企業に拠出が求められる財源)免除、市場優先権等、まれな疾患の治療を目的とした医薬品の開発を支援、奨励するための優遇措置が得られる制度である。

 

Defibrotide sodiumは、カリフォルニア州パロアルトに拠点を置くJazz Pharmaceuticals社が販売している。

原文掲載日

翻訳中島節

監修吉原哲(血液内科・細胞治療/兵庫医科大学)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1がんに対する標的光免疫療法の進展
  2. 2アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  9. 9非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他