早期浸潤性乳がんの治療決定のためのバイオマーカー使用に関する新ガイドライン | 海外がん医療情報リファレンス

早期浸潤性乳がんの治療決定のためのバイオマーカー使用に関する新ガイドライン

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

早期浸潤性乳がんの治療決定のためのバイオマーカー使用に関する新ガイドライン

米国臨床腫瘍学会(ASCO) プレスリリース

 

米国臨床腫瘍学会(ASCO)は本日、早期浸潤性乳がんで、ホルモン受容体およびヒト上皮成長因子2(HER2)受容体の状態がわかっている女性に対する新たな診療ガイドラインを公表した。本ガイドラインには、術後補助全身療法を決定する際の指針となる乳がんバイオマーカー検査の適切な使用に関して、科学的根拠に基づく推奨が含まれている。

 

「この高精度医療(precision medicine)の時代では、診療の指針となるバイオマーカーの役割は、従来よりも大きくなっています。この5~10年の間に、幅広く多数のバイオマーカーが新たに見出されてきていますが、その全てに、臨床的有用性を示す十分なエビデンスがあるわけではありません」と、本ガイドラインを作成したASCO専門家委員会の共同議長、Lyndsay N. Harris医師は述べた。「医師は、どのバイオマーカー検査を行う必要があるのかについての十分な情報を、これら最新の推奨から得ることができます。しかし、患者の診療にバイオマーカーを用いるだけではなく、個人に合わせた治療計画を作成するために、医師と患者が話し合いを続けることも大切です」。

 

本ガイドラインの推奨は、腫瘍内科学、放射線腫瘍学、地域腫瘍学、統計学の専門家および健康転帰の研究者らで構成された集学的な専門委員会によって作成された。さらに、患者の視点を盛り込むため、がんサバイバーも加えられた。本委員会は、2006年1月~2015年9月までに発表された文献のシステマティックレビューを行い、関連する研究50件を同定した。

 

ガイドライン推奨のキーポイント

  • 以下のバイオマーカー検査は、特定の乳がん患者の術後補助全身療法を決定する際の指針として使用しても良い。エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、HER2受容体、Oncotype DX、EndoPredict、PAM50、Breast Cancer Index、ウロキナーゼ型プラスミノーゲン活性化因子、プラスミノーゲン活性化因子阻害因子1。
  • エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、HER2受容体以外のバイオマーカーは、特定の薬剤または治療レジメンを選択する際の指針として使用すべきではない。
  • 治療を決定する際には、病期、併存疾患、患者の希望も考慮すべきである。

 

「早期浸潤性乳がん女性に対する術後補助全身療法の決定の指針となるバイオマーカーの使用:米国診療ガイドライン(Use of Biomarkers to Guide Decisions on Adjuvant Systemic Therapy for Women with Early-Stage Invasive Breast Cancer: American Society of Clinical Practice Guideline)」と題される本ガイドラインは、本日Journal of Clinical Oncology誌で発表された。

 

これらの推奨を理解する上での手掛かりとなる患者向けの情報は、以下のウェブサイトで入手可能である。
www.cancer.net/recommendations
本ガイドラインは、補足資料と併せて以下のウェブサイトで入手可能である。
http://www.asco.org/guidelines/adjuvantbreastmarkers

 

関連するASCOガイドラインは以下のとおりである。

  • 転移性乳がん女性に対する全身療法の決定の指針となるバイオマーカーの使用:ASCO診療ガイドライン
  • 乳がんにおけるヒト上皮成長因子受容体2を用いた検査に対する推奨:改訂ASCO/米国病理学会(College of American Pathologists:CAP)診療ガイドライン
  • 乳がんにおけるエストロゲン受容体とプロゲステロン受容体の免疫組織化学検査に対するASCO‐CAPガイドライン推奨

 

ASCOは、ASCO ガイドライン Wiki(www.asco.org/guidelineswiki)を通して、腫瘍専門医、臨床医そして患者からのガイドラインに関するフィードバックを奨励している。

原文掲載日

翻訳生田亜以子

監修原 文堅(乳がん/四国がんセンター)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1がんに対する標的光免疫療法の進展
  2. 2アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  9. 9非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他