乳房全摘術+再建術は、早期乳がんに対するガイドライン推奨治療のなかで合併症発症率および合併症関連費用が最も高い | 海外がん医療情報リファレンス

乳房全摘術+再建術は、早期乳がんに対するガイドライン推奨治療のなかで合併症発症率および合併症関連費用が最も高い

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

乳房全摘術+再建術は、早期乳がんに対するガイドライン推奨治療のなかで合併症発症率および合併症関連費用が最も高い

同治療法は65歳未満の患者 において最も高額であることもMDアンダーソンがんセンターの研究で判明

MDアンダーソンがんセンター

 

早期乳がん女性でのガイドライン推奨治療法の評価で、年齢を問わず、乳房全摘術+再建術は合併症および合併症関連費用が最も高かった。また、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの新たな研究によると、乳房全摘術+再建術は若年患者集団において最も高額な治療オプションであった。

 

放射線腫瘍学および医療サービス研究科(Health Service Research)准教授のBenjamin D. Smith医師が2015年サンアントニオ乳がんシンポジウムで発表したこの研究結果は、患者と医師が最適な治療オプションを選択し、患者と費用を支払う者の双方にとってどの局所療法が最も価値があるかを判断するのに役立つ。

 

早期乳がん女性には、乳房温存術+全乳房照射(温存+WBI)または小線源治療(温存+小線源)、乳房全摘術のみ(全摘のみ)または乳房全摘術+再建(全摘+再建)、高齢女性では乳房温存術のみ(温存のみ)など多くのガイドライン推奨治療の選択肢がある。これらの治療法は、生存は同等であるが、患者の負担が大きく異なるとSmith氏は説明する。

 

「患者と話をする際には、乳房温存術+全乳房照射、または再建の有無を問わず乳房全摘術を選択できるという説明をします。しかし、これらのさまざまな方法がもつプラス面とマイナス面の微妙な意味合いまでの理解は持ち合わせていません」とSmith氏は説明した。

 

「これまでこれらの治療オプションの合併症の差を理解するためのデータはほとんどなく、それぞれの治療選択肢の費用の差を理解するためのデータはさらに少なかったのです。意思決定する患者と費用を支払う者(保険会社、公的保険など)双方のため、合併症プロファイルを定量化する試みが重要でした」

 

また、米国で再建術が広く受けられるようになり、過去10年間に全摘+再建は増加し続けているため、費用差の理解は最優先事項である。これは、この傾向に関連する弊害を定量化した最初の研究であるとSmith氏は述べる。

 

レトロスペクティブな集団ベース研究で、研究者らは2000年から2011年にかけて早期乳がん患者データを収集した。患者は全員診断前1年から診断後2年間に保険による補償を受けた。合計で、MarketScan研究データベース(全国規模の雇用請求データベース)では65歳以下の44,344人の患者およびSEER-Medicareデータベースでは66歳以上の60,867人の患者を同定した。局所療法による合併症は、創合併症、局所感染、血清腫または血腫、脂肪壊死、乳房痛、間質性肺炎、肋骨骨折、インプラント抜去または移植失敗のいずれかの2年以内の診断または処置コードと定義した。

 

MarketScanコホートでは、あらゆる合併症のリスクは、温存+全乳房照射で30%、温存+小線源で45%、全摘のみで25%、全摘+再建で56%であった。SEER-Medicareコホートでは、あらゆる合併症のリスクは、温存+全乳房照射で38%、温存+小線源で51%、全摘のみで37%、全摘+再建で69%、温存のみで31%であった。両年齢群で、全摘+再建の合併症リスクは温存+全乳房照射の2倍であった。

 

温存+全乳房照射と比べて、全摘+再建を受けた民間保険加入の65歳未満の女性およびメディケア加入の高齢女性では、合併症関連費用はそれぞれ8,000ドルおよび2,500ドル高かった。一方、合併症関連費用は、両コホートともにその他のすべての局所療法オプションで温存+全乳房照射と同等であった。

 

全摘+再建は若年集団で約89,000ドルと最も高額な治療(診断後2年間の合計金額)であり、温存+全乳房照射に比べて23,000ドル高かった。高齢集団では、全摘+再建の36,000ドル、温存+全乳房照射の34,000ドルと比べて、温存+小線源は38,000ドルと最も高額であった。

 

注目すべきは、本研究の費用データは2010年から2011年の間のみということであるとSmith氏は述べた。Smith氏は、特に全摘+再建を選択した患者が加入する平均的な保険会社がこの治療法による合併症の管理に2年間で約10,000ドル支払っているという点でこの研究結果が衝撃的であると感じた。

 

これらの結果は、いずれかの治療を選択しうる患者が、患者自身、医師および治療費を支払う者にとっての二律背反性を理解するのに役立つと彼は言う。

 

「今回初めて示すことですが、患者がより多くの手術を受けるようになっている一方で、今後起こりうることについて相当なリスクも負っているということです。患者が温存+放射線治療を受けることができれば、乳房全摘術+再建そしてその後することになるかもしれない他の手術を受けるより順調に事が運ぶかもしれません」とSmith氏は説明した。

 

この種のデータを理解することは、医療業界や保険会社が、彼らの患者集団での早期乳がん治療への投資に最も見合う価値を得る方法について考える上で重要である。保険会社は乳がん治療に対する包括支払い方式を検討し始めているため、この種のデータは彼らへのガイダンスとなるとSmith氏は考えている。

 

この研究結果にかわらず、Smith氏は、早期乳がんの一部の患者にとって、全摘+再建は本当に最善の治療オプションであり、医学的に必要な場合には、これらの研究結果を全摘+再建に対する償還または補償を減額するのに用いるべきではないと強調する。

 

Smith氏を筆頭に、他の著者は以下の通りである:Thomas A. Buchholz, M.D., Executive Vice President and Physician-In –Chief; Sharon H Giordano, M.D., professor and chair, Jinhai Huo, Jing Jiang, Tina Shih, Ph.D., professor, all of Health Services Research; Kelly K. Hunt, M.D.,professor, and Abigail S. Caudle, M.D., assistant professor, both of Breast Surgical Oncology; and Simona F. Shaitelman, M.D., assistant professor, Radiation Oncology. Reshma Jagsi, M.D., DPhil, from The University of Michigan and Shervin M Shirvani, M.D., from Banner MD Anderson Cancer Center

 

本研究は、the Department of Health Services, Varian Medical Systems, and the Duncan Family Foundationから助成を受けた。Smith氏は、利益相反がないことを宣言している。

原文掲載日

翻訳吉田加奈子

監修原 文堅(乳がん/四国がんセンター)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  7. 7非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  8. 8リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  9. 9ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他