経口避妊薬の服用歴は卵巣がん患者の生存期間に影響 | 海外がん医療情報リファレンス

経口避妊薬の服用歴は卵巣がん患者の生存期間に影響

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

経口避妊薬の服用歴は卵巣がん患者の生存期間に影響

キャンサーコンサルタンツ

ロズウェルパークがん研究所(Roswell Park Cancer Institute :RPCI)の研究によれば、卵巣がんと診断された患者のうち、経口避妊薬の服用歴があり、子どもを1人以上出産したことのある患者は、生存期間が約3年間長かった。この結果がこのほど、International Journal of Gynecological Cancer誌上の出版に先立ち、電子版で公表された。

 

「卵巣がんは女性の死因第5位である。早期発見や分子標的療法の明らかな進歩にもかかわらず、卵巣がん患者の大半は依然として進行がんとして診断され、結局はがんにより死亡するだろう」と話すKirsten Moysich博士は、本臨床研究の第一著者であり、ロズウェルパークのがん予防管理部腫瘍学教授である。「本研究から、卵巣がん患者のうち、経口避妊薬の服用歴と、1回の生児出産経験がある患者は全生存期間が長いことがわかった」。

 

RPCIで1982年1月から1998年12月の間に卵巣がんと診断された女性387人において、生存期間は経口避妊薬の服用歴がない患者で46カ月であったのに対して、服用歴がある患者では81カ月であり、35カ月の改善がみられた。こうした服用歴と生存期間の関連性は、診断時の年齢、病期、卵巣がんの組織型で調整した場合、さらに明確になった。さらに、子どもを1人出産している患者は子どもを出産したことがない患者と比べて、生存期間が4年半以上長かった。しかしながら、生児出産による延命効果に関しては、経口避妊薬服用歴の有無によって有意な差はみられなかった。評価に用いた情報は、RPCI腫瘍データベースに登録された患者における治療の種類、腫瘍の進行期とグレードおよび組織型を含んでいた。さらに、これらの情報を診断時に行われていた疫学調査結果と照合した。

 

筆頭著者の一人であり、RPCIの婦人科腫瘍学フェローであるJ. Brian Szender医師は以下のように補足した。

「以前から経口避妊薬の服用が卵巣がんのリスクを減らす効果は実証されていたが、本研究結果はさらに経口避妊薬服用の重要性を明確にした。今後は生殖性因子と疾患発症や増悪の間にある相互作用機序を解明するように努力が向けられるべきである」。

 

本研究は、タイトル「Oral Contraceptive Use and Reproductive Characteristics Affect Survival in Patients With Epithelial Ovarian Cancer: A Cohort Study(上皮性卵巣がん患者における経口避妊薬の服用歴および生殖的特徴が生存期間に及ぼす影響:コホート研究)」で、journals.lww.com.から入手可能である。

 

本研究は米国国立がん研究所(NCI) のP30CA016056 および5T32CA108456基金からサポートを受けている。著者らの間で報告すべき利害衝突はない。

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

原文掲載日

翻訳石川寛和

監修喜多川 亮(産婦人科/NTT東日本関東病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他