[ 記事 ]

北米植物Oplopanax horridus(アメリカハリブキ)の成分が、マウスモデルやヒトがん細胞による実験で大腸腫瘍の増殖を抑制

2014年7月18日

太平洋岸北西部に分布する低木アメリカハリブキはAlaskan ginsengまたはdevil’s clubと呼ばれることもあるが、この植物から分離された新規の化合物はヒト大腸細胞に対し有益な効果を示すことが実験室での最新の研究から明らかになった。この研究はNutrients誌に発表されており、国立補完統合衛生センター(National Center for Complementary and Integrative Health)による資金の提供を一部受け、シカゴ大学および中国の2つの大学、中南大学とマカオ大学の研究者が参加した。

この研究では、まず、大腸がんのマウスにおいて、oplopantriol Aと呼ばれる化合物がin vivo(細胞内)で腫瘍の増殖を阻止するかどうか試験が行われた。ヒト大腸がんを移植されたマウスにoplopantriol A 15mgkgまたは30mgkg、あるいは対照薬が一日おきに投与された。oplopantriol Aを投与されたマウスでは腫瘍の大きさが対照群と比較して著しく縮小した。また、腫瘍増殖の抑制は投与量に関連した。腫瘍増殖の抑制がみられるようになるには3週間を要し、5週目が終わるころには腫瘍サイズの40%以上の縮小が明らかになった。また、有害事象はみられなかった。

研究者らは次に、2種の大腸がん細胞株に対するこの化合物の増殖抑制効果をin vitro(人工的な環境、例えば試験管内)で試験した。がん細胞株のひとつであるHCT-116oplopantriol Aに対し著しい感受性を示した。この株由来の細胞はp53 wild-typeであったが、もう一つの株由来の細胞(SW-480)ではp53がん抑制遺伝子に変異があった。p53がん抑制タンパク質はがんの形成予防に関与するが、この抑制タンパク質の活性の一部はこの化合物と結びついて抗腫瘍効果を発揮していることがうかがわれる。

参考文献
Zhang Z, Yu C, Zhang C-F, et al. Chemopreventive effects of oplopantriol A, a novel compound isolated from Oplopanax horridus, on colorectal cancer. Nutrients. 2014;6(7):2668–2680.

 追加参考文献
Cancer and Complementary Health Approaches
Colorectal Cancer  (NCI)

 

翻訳小縣正幸

監修大野 智(腫瘍免疫学、免疫療法、補完代替医療/帝京大学・東京女子医科大学) 

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事