FDAが多発性骨髄腫患者に対するカルフィルゾミブの適応拡大を承認 | 海外がん医療情報リファレンス

FDAが多発性骨髄腫患者に対するカルフィルゾミブの適応拡大を承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDAが多発性骨髄腫患者に対するカルフィルゾミブの適応拡大を承認

米国国立がん研究所(NCI)ブログ~がん研究の動向~

NCI 職員編集

2015年7月24日、米国食品医薬品局(FDA)は前治療歴が1つ以上ある再発多発性骨髄腫患者の治療薬として、レナリドミド+デキサメタゾンとの併用で、carfilzomib[カルフィルゾミブ](商品名:Kyprolis[カイプロリス])を承認した。

 

2012年、FDAはボルテゾミブや免疫調節薬(例.レナリドミド、サリドマイド)を含む前治療を2つ以上受けた後に進行した多発性骨髄腫患者に対してのみ、FDAの迅速承認プログラムによりカルフィルゾミブを初めて承認した。

 

「多発性骨髄腫はほとんど高頻度で再発します。一部の患者では初回治療後に寛解持続期間が長期にわたりましたが、現在のところ治癒可能な患者はほとんどいません」とMark Roschewski医師(NCI癌研究センター悪性リンパ腫部門)は説明した。

 

再発は、一部のがん細胞が治療に抵抗し、長期にわたり生存する能力と関連するのは明らかであるとRoschewski氏は続けた。「したがって、寛解は治癒とは異なります」。

 

この最新の承認は大規模ランダム化臨床試験結果に基づいた。この試験から、カルフィルゾミブ+レナリドミド+デキサメタゾン投与患者では、レナリドミド+デキサメタゾン投与患者と比較して、無増悪生存期間が延長することが示された(23.6カ月対17.6カ月)。

 

カルフィルゾミブ+レナリドミド+デキサメタゾン投与患者に最も高頻度で生じた一般的な副作用は、倦怠感、汎血球減少症、血小板減少症、下痢、および発熱であった。

 

「カルフィルゾミブの承認により、再発多発性骨髄腫患者に対する3剤併用療法の重要性が強調されます」とRoschewski氏は述べた。

 

「こうした症例では、3剤併用療法が、より深くかつ長期にわたる寛解が得られることを示しています」とRoschewski氏は言い添えた。「この3剤併用療法が今後治療効果改善を検証するための臨床試験をデザインする際の重要な基準となるでしょう」。

 

【図中語句訳】
Multiple Myeloma 多発性骨髄腫
Red marrow where plasma cells are made 赤色骨髄;形質細胞が作られる
Bone 骨
Normal plasma cells 正常形質細胞
Antibodies 抗体
Multiple Myeloma cells (abnormal plasma cells) 多発性骨髄腫細胞(異常形質細胞)

【図の説明】多発性骨髄腫細胞は骨髄内で増殖する異常形質細胞で、人体の多くの骨の中に腫瘍を形成する。
解説: Terese Winslow

 

原文掲載日

翻訳渡邊 岳

監修北尾 章人(腫瘍、血液内科/神戸大学大学院医学研究科)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3個別化医療(Precision Medicine)に...
  4. 4アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  5. 5非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  6. 6リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  9. 9ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他