長期のスタチンの使用により肺がん死のリスクが低下 | 海外がん医療情報リファレンス

長期のスタチンの使用により肺がん死のリスクが低下

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

長期のスタチンの使用により肺がん死のリスクが低下

米国がん学会(AACR) プレスリリース

 

米国がん学会の論文誌であるCancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention誌にて発表された研究によると、肺がんと診断される前後の年にスタチンを使用した肺がん患者では、この疾患による死亡のリスクが減少した。

 

「われわれの研究により、スタチンを使用する肺がん患者で肺がん死のリスクが減少するエビデンスがある程度示される」と北アイルランド、クイーンズ大学ベルファスト、Centre for Public Healthの医療統計学の上級講師であるChris Cardwell博士は述べた。

 

「相関の大きさはすべての観察研究と同様に比較的小さく、交絡の可能性もある。すなわち、シンバスタチン(スタチンの一種)の服用患者と、服用していない患者ではがんによる死を抑制する過程が異なる可能性があることを意味し、われわれはこれを補正することができなかった。しかし、本知見は観察研究でさらに調査する価値がある」とCardwell氏は述べた。

 

「もしさらなる観察研究において同様の結果が再現された場合、肺がん患者におけるシンバスタチンのランダム化対照比較試験の実施を支持するエビデンスが得られる」とCardwell氏は付け加えた。

 

Cardwell氏らは英国がんレジストリデータからの1998年~2009年に肺がんと新規に診断された患者約14,000人のデータを使用した。彼らは臨床データベースであるU.K. Clinical Practice Research Datalinkの患者の処方記録およびイギリス国家統計局の2012年までの死亡率データを収集した。

 

診断後に6カ月以上生存した患者の中で、肺がん診断後にスタチンを使用した患者では、統計的に有意ではないが、肺がん特異的死亡が11%減少した。12回以上のスタチン処方をされた患者では、肺がん特異的死亡が有意に19%減少し、シンバスタチンなどの脂溶性のスタチンを使用した患者でも肺がん特異的死亡が19%減少した。

 

本研究のすべての患者間で、肺がん診断前の年にスタチンを使用していた患者は肺がん特異的死亡が有意に12%減少した。

 

本研究において、非小細胞肺がん患者と小細胞肺がん患者間で転帰に違いはなかったとCardwell氏は指摘した。

 

「われわれは北アイルランドの肺がん患者における同様の大規模コホート分析の実施を望んでいる」とCardwell氏は追述した。

 

本研究は北アイルランド、Public Health Agency のHealth and Social Care Research and Development Divisionから資金提供を受けた。Cardwell氏は利益相反は無いと公表している。

 

原文掲載日

翻訳下野龍太郎

監修廣田 裕(呼吸器外科/とみます外科プライマリーケアクリニック)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他