ペンブロリズマブはイピリムマブよりも進行性メラノーマの治療に有益 | 海外がん医療情報リファレンス

ペンブロリズマブはイピリムマブよりも進行性メラノーマの治療に有益

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

ペンブロリズマブはイピリムマブよりも進行性メラノーマの治療に有益

米国がん学会(AACR) プレスリリース

 

 

進行性メラノーマ患者の一次治療として米国食品医薬品局(FDA)が承認した2種類の免疫チェックポイント阻害剤を比較した最初のランダム化試験では、ペンブロリズマブ[pembrolizumab](キートルーダ)は全評価項目でイピリムマブ[ipilimumab](ヤーボイ)よりも治療成績が有意に優れていたことが、2015年4月18日から22日にかけて開催された米国がん学会(AACR)年次総会で発表されたKEYNOTE-006第3相試験のデータによって明らかになった。

 

この研究は、同時にNew England Journal of Medicine誌でも発表されている。

 

「この研究は、メラノーマの一次治療として2種類の免疫チェックポイント阻害剤を直接比較した最初の臨床試験です」とカリフォルニア大学ロサンゼルス校ジョンソン総合がんセンターの血液学および腫瘍学教授で腫瘍免疫学プログラム責任者のAntoni Ribas医学博士は言う。「われわれは、800人以上を対象とした16カ国共同臨床試験を開始し、用法用量が異なる2つの抗PD1抗体ペンブロリズマブ群と抗CTLA4抗体イピリムマブ群について検討をしました」。

 

現在、イピリムマブは転移性メラノーマ患者の一次治療の標準治療薬であり、ペンブロリズマブは腫瘍がイピリムマブまたはBRAF阻害剤に対してもはや奏効しない患者の二次治療薬として承認されている。

 

「この臨床試験は全統計評価項目を達成しており、ペンブロリズマブが一次治療としてイピリムマブよりも優れていることが明らかになったことを発表することができて光栄です」と博士は言う。

 

今回の第3相試験の対象となった転移性メラノーマ患者834人のうち66%が治療を受けておらず、79%にPD-L1タンパク質を含む腫瘍が認められた。患者はペンブロリズマブ10 mg/kg2週間または3週間に1回投与する群、イピリムマブ3mg/kgの投与を3週間毎に1回で計4回投与する群に111に無作為に割り付けられた。研究者らは、固形がんの治療効果判定のためのガイドライン(RECIST v1.1 )および免疫関連反応基準の2つの基準によって、治療開始後12週目、その後6週間毎に治療効果を評価した。主要評価項目は無増悪生存率(PFS)および全生存率(OS)、副次評価項目は全奏効率(ORR)および安全性とした。

 

2次中間解析のデータによれば、治療後6カ月の時点で無増悪生存率はペンブロリズマブ群では45%、イピリムマブ群では26%であり、イピリムマブ群の全生存率が75%であったのに対して、ペンブロリズマブ群は約87%であった。全奏効率はペンブロリズマブ群では33%であり、イピリムマブ群では12%であった。

 

治療後12カ月目では、全生存率は2つのペンブロリズマブ群ではそれぞれ74%および68%であり、イピリムマブ群では58%であった。また、PD-L1陽性腫瘍とPD-L1陰性腫瘍をはじめ、事前に設定されたグループを対象に実施されたサブセット解析では、いずれもイピリムマブ群よりもペンブロリズマブ群の予後の方が優れていた。

 

薬剤による有害事象はイピリムマブ群(20%)よりペンブロリズマブ群(12%)の方が少なかった。

 

「このような結果は、ペンブロリズマブのイピリムマブに対する有益性があらかじめ想定していた以上のものであったことを示しています。世界の医薬品規制当局が転移性メラノーマの一次治療としてのペンブロリズマブの承認に向かって速やかに行動を起こされることを望んでいます」とRibas博士は言う。「われわれは、メラノーマ患者の治療の目覚ましい進歩に貢献できたと思います」と博士は付け加える。「がん治療のための免疫系の利用法に関して、われわれの考えが20年前に非常に大きく変化しました。現在、ペンブロリズマブを用いた治療法が患者に有用であるという明らかな証拠があります」。

 

共著者がこの結果がヨーロッパで実施される治療に影響を及ぼすことを期待

この試験の主任研究者でフランスのパリ国立がんセンター(the Institut Gustave-Roussy)の皮膚科学部門長のCaroline Robert医学博士は言う。「イピリムマブによる治療が成功しなかった後の利用拡大計画に基づく場合を除いて、ペンブロリズマブは、ヨーロッパでは未だに販売されていません。ペンブロリズマブがヨーロッパで転移性メラノーマ患者の一次治療薬となることが待ち望まれており、この結果がその過程を加速させることを望んでいます」。

 

この研究はMerck社から資金援助を受けた。Ribas博士はMerck社のコンサルタントであり、博士の研究所には報酬が支払われている。また、Robert博士は、Merck Sharp & DohmeMSD)社、Bristol-Myers Squibb社、Roche社、ノバルティス社、グラクソ・スミスクライン社およびアムジェン社の臨時コンサルタントでもあり、各社から報酬が支払われている。

 

原文掲載日

翻訳木村素子

監修野長瀬 祥兼(腫瘍内科/近畿大学医学部附属病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1がんに対する標的光免疫療法の進展
  2. 2アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  6. 6ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  9. 9非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他