乳房温存療法は乳房切除術より優れている可能性 | 海外がん医療情報リファレンス

乳房温存療法は乳房切除術より優れている可能性

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

乳房温存療法は乳房切除術より優れている可能性

キャンサーコンサルタンツ

乳癌は、米国だけで年間約40,000人の女性の命を奪っている。早期乳癌とは、原発巣の部位から転移していない癌のことである。早期乳癌患者、特に腋窩(腕の下)リンパ節まで癌が転移していない患者(リンパ節転移陰性)の場合、現行の標準治療選択肢による治癒率は高い。

 

早期乳癌患者の標準治療としては、乳房温存療法(BCT)と呼ばれる、癌切除と切除後の放射線治療から成る治療法が一般的である。乳房切除術とBCTは早期乳癌の治療法として同程度の効果があると長い間みなされ、どちらを実施するかは多くの場合、個々の女性に委ねられている。

 

このほどMDアンダーソンがんセンター(MDACC)の癌研究者による試験の結果が、サンフランシスコ開催のASCO乳癌シンポジウム2014で公表された。乳癌の治療法が違っても生存の可能性は同じであるという従来の考え方に異議を唱える内容で、試験の著者は乳癌に関する既知の治療基準を定期的に再評価することの重要性を強調した。

 

MDACCの外科腫瘍学准教授Isabelle Bedrosian博士は、乳房切除術はもはや主力の乳癌治療選択肢として広く認識されるべきではないと語る。実際、腫瘍摘除および放射線治療から成る乳房温存療法により、生存の可能性が高くなることがある。Bedrosian博士および同僚研究者らは、腫瘍の生態的特性に沿って患者の外科的療法を選択すれば生存利益の可能性が顕著に変わる可能性があると仮定した。

 

これを評価するために、研究者らは16,000人以上の早期乳癌女性患者を評価する後方視研究を行い、BCTを選択した女性の生存率が最も高いということを発見した。BCTを選択した女性の5年全生存率は96%であったのに対して、乳房切除術を受けた女性では90%あった。これらの所見は、同様にBCTの有利性を示す結果を得た他の研究を裏づけるものである。

 

医師らは、BCTアプローチの一部として行う放射線治療が主要要因であると考える。しかし、これらの結果は、今年初めにLancet誌で発表された別の試験と大いに異なる。その報告では、乳癌がリンパ節に転移していない女性において放射線治療は有益性がなく、その後の転帰は乳房切除術を受けた女性と同様であった。

 

Lancet誌の報告は、今回のMDACCの報告と比較してかなり少ない患者数で評価していることから、この問題を解明するためには、乳房切除術とBCTを直接比較する研究が必要と思われる。しかし、今のところ、治療選択肢を検討中のリンパ節転移陰性早期乳癌女性はBCTを積極的に検討するべきである。なぜなら、BCTでは乳房切除術単独よりも良好な結果が得られ、乳房切除術より劣るということはなさそうであるからである。

 

参考文献:
Parker C, Lin HY, Shen Y, et al. Effect of hormone receptor status and local treatment on overall survival for early-stage breast cancer.J Clin Oncol 32, 2014 (suppl 26; abstr 60)
EBCTCG (Early Breast Cancer Trialists’ Collaborative Group). Effect of radiotherapy after mastectomy and axillary surgery on 10-year recurrence and 20-year breast cancer mortality: meta-analysis of individual patient data for 8135 women in 22 randomised trials. The Lancet. Published early online March 19, 2014. doi:10.1016/S0140-6736(14)60488-8

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

原文掲載日

翻訳有田香名美

監修原野謙一(乳腺科・婦人科癌・腫瘍内科/日本医科大学武蔵小杉病院)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  2. 2がんに対する標的光免疫療法の進展
  3. 3アルコールとがんについて知ってほしい10のこと
  4. 4個別化医療(Precision Medicine)に...
  5. 5非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  6. 6リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8専門医に聞こう:乳癌に対する食事と運動の効果
  9. 9ルミナールAタイプの乳がんでは術後化学療法の効果は認...
  10. 10治療が終了した後に-認知機能の変化

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 五十音 アルファベット 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他