FDAが稀なタイプの膵臓癌に対してスーテントを承認 | 海外がん医療情報リファレンス

FDAが稀なタイプの膵臓癌に対してスーテントを承認

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

FDAが稀なタイプの膵臓癌に対してスーテントを承認

FOR IMMEDIATE RELEASE:2011年5月20日
Media Inquiries: Erica Jefferson, 301-796-4988
Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA

FDA が稀なタイプの膵臓癌に対してスーテントを承認

米国食品医薬品局(FDA)は本日、手術による切除不能または他の部位に広がった(転移性)、進行性膵神経内分泌腫瘍患者の治療薬としてスーテント(スニチニブ)を承認した。

膵神経内分泌腫瘍は、増殖が遅く稀な疾患である。米国における新規症例数は年間1,000人未満と推定される。

FDAによる今回の新たな承認は、本疾患を有する患者の治療薬としては2番目にあたる。当局は5月5日にアフィニトール(エベロリムス)を承認している。

 「FDAは、癌患者に可能な限り多くの治療選択肢を提供することが重要であると考えている」と、FDA医薬品評価研究センターの抗腫瘍薬製品室長であるRichard Pazdur医師は語った。「当局は製薬企業とともに革新的な治療薬の販売に向けて取り組んでおり、また既承認薬の新たな適応に向けての研究を維持するよう促している。」

スーテントの安全性および有効性は、転移性(進行期)あるいは局所進行性(手術による切除不能な)癌患者171人を対象にスーテントあるいはプラセボ(砂糖錠)の投与を行った単一試験により確立された。本試験の目的は、腫瘍が転移あるいは悪化するまでの患者の生存期間(無増悪生存期間)を測定することであった。

試験の結果によると、スーテント投与を受けた患者において癌が転移または悪化することなく生存した期間の中央値は10.2カ月であったのに対して、プラセボ投与を受けた患者では5.4カ月であったことから、スーテントの有効性が実証された。

膵神経内分泌腫瘍に対してスーテント治療を受けた患者に発症した頻度の高い副作用は、下痢、嘔気、嘔吐、倦怠感、食欲不振、高血圧、脱力(無力症)、腹痛(腹部痛)、毛髪変色、口腔内の炎症(口内炎)、および感染防御に携わる白血球の減少(好中球減少症)であった。

スーテントは他に、進行期の腎臓癌(転移性腎細胞癌)、および胃腸または食道の稀な癌であるGIST(消化管間質性腫瘍)患者の治療薬としてFDAにより承認されている。

スーテントはニューヨークに本社を置くファイザー社が販売している。

******
栃木 和美 訳
辻村 信一(獣医学/農学博士、メディカルライター)監修
******

原文

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1乳がん化学療法後に起こりうる長期神経障害
  2. 2非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  3. 3BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  4. 4がんに対する標的光免疫療法の進展
  5. 5若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  6. 6「ケモブレイン」およびがん治療後の認知機能障害の理解
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9HER2陽性進行乳癌治療に対する2種類の新診療ガイド...
  10. 10リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他