乳癌化学療法中の若い女性の妊よう性温存に役立つ治療法 | 海外がん医療情報リファレンス

乳癌化学療法中の若い女性の妊よう性温存に役立つ治療法

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

乳癌化学療法中の若い女性の妊よう性温存に役立つ治療法

米国国立がん研究所(NCI)プレスリリース

原文掲載日:2014年5月30日

 

癌治療中にホルモン阻害薬を注射して一時的に閉経状態にすると、若い乳癌女性の妊よう性がより温存されることが研究者らによって明らかにされた。シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)総会において、米国国立衛生研究所(NIH)の一機関である米国国立癌研究所(NCI)が資金提供するPrevention of Early Menopause Study (POEMS)の結果が本日発表された (ASCO late breaking abstract #505)。ホルモン阻害薬を投与した女性は、投与しなかった女性と比較し、長期毒性を有する化学療法による卵巣不全を経験する可能性がわずか3分の1であり、癌治療後に正常妊娠する可能性は2倍以上であった。

 

POEMSでは、ホルモン受容体陰性乳癌を有する18~49歳の閉経前女性を標準的化学療法とともにゴセレリンを4週ごとに投与する群と、標準的化学療法のみ行う群に無作為に割付けた。ゴセレリンは体のホルモン・フィードバック機構を阻害してエストロゲン産生を抑制し、女性を化学的閉経状態にする。通常の用法では化学的閉経は可逆的である。POEMSは、この治療法が癌治療そのものに干渉することなく、癌治療後に女性が妊よう性を回復できるかを検証するために実施された。

 

研究者らは試験登録2年後の卵巣不全率を比較し、標準治療群の22%(15/69例)が卵巣不全を発症したのに対し、ゴセレリンを追加した群では8%(5/66例)であったことを明らかにした。本試験に登録した218例中、妊娠したのは標準治療群12例(11%)、ゴセレリン治療群22例(21%)であった。

 

「本試験は、ゴセレリンを用いると妊よう性改善の可能性があり、妊娠率が高まることを初めて明らかにしました」とCleveland Clinical Foundation に所属し、POEMS試験を主導したHalle Moore医師は述べた。「早期乳癌で化学療法を開始する閉経前女性は、早発卵巣不全を予防するため、この新しい治療選択肢を考慮するとよいでしょう」。

 

本試験は、NCIの5つの癌臨床試験ネットワーク(National Cancer Trial Network Group)の一つであるSWOGが、ECOG-ACRIN癌研究グループと、the Alliance for Clinical Trials in Oncologyと共同で行ったものであり、国際アクセスはAustralia New Zealand Breast Cancer Groupが属するInternational Breast Cancer Study Groupから得た。

 

若年癌女性の妊よう性温存のための標準的アプローチは、癌治療前に卵巣組織、卵胞、または胚の採取および保存を行うことである。「癌治療の結果を損なうことなく若年乳癌女性の妊よう性を保護する簡便な方法を見つけることが重要です」とNCIの癌予防部門の副部長 でありPOEMSの研究者の1人であるLori Minasian医師は語る。

 

妊よう性温存のための治療は、癌治療の転帰に影響を与えるものではなく、本データ解析は、この治療による有害作用がないことを裏づける結果となった。

 

毎年アメリカだけでも50歳未満の女性約49,000人が浸潤性乳癌と診断され、そのうち約11,000人が40歳未満である。この集団の約15%が、ホルモンにより増殖しない、つまりホルモン療法に反応しないホルモン受容体陰性乳癌を有する。

 

参考文献:Moore HCF, et al. Prevention of Early Menopause Study (POEMS)/S0230, a Phase III Trial of LHRH Agonist Administration During Chemotherapy to Reduce Ovarian Failure in Early Stage, Hormone Receptor-Negative Breast Cancer: An International Intergroup Trial of SWOG, IBCSG, ECOG, and CALGB (Alliance). ASCO abstract LBA505. ClinicalTrials.gov URL: http://www.clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT00068601.

 

原文

翻訳大倉綾子

監修原文堅(乳癌/四国がんセンター)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2BRCA1、BRCA2遺伝子:がんリスクと遺伝子検査
  3. 3リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  4. 4若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い
  5. 5FDAがCAR-T 細胞療法Yescartaを成人大...
  6. 6ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  7. 7コーヒーが、乳がん治療薬タモキシフェンの効果を高める...
  8. 8脊髄転移に対する組織内レーザー温熱療法
  9. 9乳がん治験薬エンドキシフェン、NCIの支援により研究...
  10. 10濾胞性リンパ腫治療の新時代

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他