[ 記事 ]

◆ASCO年次大会で注目された乳癌、前立腺癌、大腸癌の治療に関する重要な進展

大規模第3相臨床試験により新たな標準ケアが確立、また、一般的な分子標的薬を用いた治療選択肢の有効性を確認(プレナリーセッション)

 

本日、第50回米国臨床腫瘍学会(ASCO)の年次大会で乳癌、前立腺癌及び大腸癌に関する4つの第3相臨床試験が発表された。これらの試験は、患者のケアに非常に大きな影響を与える可能性がある本大会において最も重要な臨床癌研究を演題とする、ASCOのプレナリーセッションで発表された。 

 

これらの枢要な試験では、日常的に使用されている化学療法、ホルモン療法及び最新の分子標的薬を最も効果的に使用する新たな方法が明らかにされるとともに、切除不能大腸癌に対する2種類の一般的な治療法の有効性を比較する際の重要な疑問点が解明された。4つの試験はいずれも、少なくとも部分的に米国国立衛生研究所を通じて連邦政府の助成を受けた。

 

 「本日の結果は、癌患者さんやその担当医が日々直面している重要な疑問点を解明するものです。これらの試験結果によって、確実に患者さんの生存期間が延び、生活の質が改善します」と、ASCO会長でスローンケタリング記念がんセンターBreast Cancer Medicine Service(乳癌医療サービス)の部長でもあるClifford A. Hudis医師、米国内科学会名誉上級会員(Fellow of American College of PhysiciansFACP)は語る。「これらの、また、癌研究の歴史におけるその他の重要な進展は、我が国で長年にわたり臨床癌研究に対する資金援助が推進されてきたからこそ実現できたのです。今後もこのような研究助成が継続されなければなりません」。 

 

プレナリーセッションの発表演題は次のとおり:

 

翻訳佐々木真理

監修大渕俊朗(呼吸器外科/福岡大学医学部)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事