進行した非小細胞肺癌の放射線治療には標準線量が高線量よりも効果的 | 海外がん医療情報リファレンス

進行した非小細胞肺癌の放射線治療には標準線量が高線量よりも効果的

更新日

Facebookでシェアする Twitterにツィートする LINEに送る print

進行した非小細胞肺癌の放射線治療には標準線量が高線量よりも効果的

キャンサーコンサルタンツ

第3相臨床試験ではステージ3の非小細胞肺癌(NSCLC)の治療に対して、放射線治療における標準線量が高線量よりも有効であった。この結果は、2013年米国臨床腫瘍学会(ASCO)の第49回年次総会で報告される予定である。

 

放射線治療は多くのNSCLC患者の治療に重要な役割を果たしている。情況により放射線治療単独あるいは手術または化学療法など他の癌治療法との併用で行われる。非常に有効性に優れているが毒性はそれほど強くない最適放射線量を明確にするには、異なる線量を直接比較する臨床試験が必要である。

 

研究者は、放射線治療の標準線量と高線量を比較するために、ステージ3のNSCLC患者464人に第3相臨床試験(RTOG 0617)を実施した。患者は、60グレイの標準線量または74グレイの高線量に、無作為に割り当てられた。患者はまた、セツキシマブ(アービタックス)を含む化学療法またはセツキシマブを含まない化学療法を受けた。研究者は、高放射線量の方がより適切に癌の抑制ができると予想していた。

 

試験結果は、標準線量の放射線治療の方が高線量の放射線治療に比べて生存期間が長く、癌の再発リスクが低く、副作用も少ないことを示した。

  • 全生存期間の中央値は標準線量では28.7カ月、高線量では19.5カ月であった。
  • 18カ月後、局所再発率は、標準線量で治療した患者の場合25%であったが、高線量で治療した患者では34%であった。
  • 標準線量グループの治療関連死が2人であったが、高線量グループの治療関連死は10人であった。

 

これらの結果は、高線量の放射線治療に比べて標準線量の放射線治療の方がより有効で耐容線量も好ましいことを証明している。放射線量がより少ない治療で有効な結果が得られたという事実は患者にとって朗報である。

 

参考文献:Bradley JD, Paulus R, Komaki R et al. A randomized phase III comparison of standard-dose (60 Gy) versus high-dose (74 Gy) conformal chemoradiotherapy with or without cetuximab for stage III non-small cell lung cancer: Results on radiation dose in RTOG 0617. Presented at the 49th Annual Meeting of the American Society of Clinical Oncology. May 31-June 4, 2013; Chicago, IL. Abstract 7501.

 


  c1998- CancerConsultants.comAll Rights Reserved.
These materials may discuss uses and dosages for therapeutic products that have not been approved by the United States Food and Drug Administration. All readers should verify all information and data before administering any drug, therapy or treatment discussed herein. Neither the editors nor the publisher accepts any responsibility for the accuracy of the information or consequences from the use or misuse of the information contained herein.
Cancer Consultants, Inc. and its affiliates have no association with Cancer Info Translation References and the content translated by Cancer Info Translation References has not been reviewed by Cancer Consultants, Inc.
本資料は米国食品医薬品局の承認を受けていない治療製品の使用と投薬について記載されていることがあります。全読者はここで論じられている薬物の投与、治療、処置を実施する前に、すべての情報とデータの確認をしてください。編集者、出版者のいずれも、情報の正確性および、ここにある情報の使用や誤使用による結果に関して一切の責任を負いません。
Cancer Consultants, Inc.およびその関連サイトは、『海外癌医療情報リファレンス』とは無関係であり、『海外癌医療情報リファレンス』によって翻訳された内容はCancer Consultants, Inc.による検閲はなされていません。

原文掲載日

翻訳大木勝弥

監修中村光宏 (医学放射線/京都大学大学院医学研究科)

printこの記事を印刷する Facebookシェアする Twitterツィートする LINE送る

免責事項当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

注目キーワード

新着ドキュメント

一覧

関連薬剤情報

一覧

週間ランキング

  1. 1非浸潤性乳管がん(DCIS)診断後の乳がんによる死亡...
  2. 2乳がん検診におけるマンモグラフィの検査法を比較する新...
  3. 3免疫療法薬の併用はタイミングと順序が重要
  4. 4リンパ腫患者の余命は、診断後の無再発期間2年経過で通...
  5. 5FDAが皮膚未分化大細胞リンパ腫にブレンツキシマブ・...
  6. 6血中循環腫瘍DNAに基づくリキットバイオプシーの可能...
  7. 7アブラキサンは膵臓癌患者の生存を改善する
  8. 8ルミナールA乳がんでは術後化学療法の効果は認められず
  9. 9FDAがHER2陽性早期乳がんの延長補助療法にネラチ...
  10. 10若年甲状腺がんでもリンパ節転移あれば悪性度が高い

お勧め出版物

一覧

arrow_upward

ユーザー 病名 発信元種別 発信元名 治療法別 がんのケア がんの原因・がんリスク がん予防 基礎研究 医療・社会的トピック 注目キーワード別 薬剤情報名種別

女性のがん
消化器がん
泌尿器がん
肉腫
血液腫瘍
その他
民間機関
その他