[ 記事 ]

喫煙者に対する肺癌検診の推奨グレード

米国予防医学専門委員会(USPSTF)

肺癌検診

 このページは、米国予防医学専門委員会(U.S. Preventive Services Task Force:USPSTF)による肺癌検診についての推奨グレードをまとめたものである。

現行の推奨グレード

リリース日:2013年12月

  • 米国予防医学専門委員会では、年間30箱ほどの喫煙歴があり、現在も喫煙中もしくは禁煙後15年が経過していない5580歳の成人に対し、低線量CTによる検診を推奨する。ただし、禁煙から15年が経過した場合、または、余命年数、または肺の治癒手術を受けるための体力や気力などを著しく制限する健康問題を発症した場合には、検診は中止すべきとする。
    グレード:推奨グレードB(推奨する)

関係文書

文書

関連項目

推奨内容文PDF File、174 KB、PDF Help

臨床サマリーPDF File、43 KB、PDF Help

消費者ファクトシート (PDF File、173 KB、PDF Help

臨床医ファクトシート (PDF File、49 KB、PDF Help

エビデンスレポートPDF File、243 KB、PDF Help

エビデンスシンテーゼ (PDF File、1.7 MB、PDF Help

モデル化研究PDF File、 286 KB、PDF Help

モデル化レポートPDF File、551 KB、PDF Help

20141月時点の最新情報

 

翻訳村上智子

監修斎藤 博 (検診研究部/国立がん研究センター)

原文を見る

原文掲載日

【免責事項】

当サイトの記事は情報提供を目的としてボランティアで翻訳・監修されています。
翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。

関連記事